任意整理とは?過払い金の返還請求や、借金の減額が可能

即日融資

2016.03.01

214

キャッシング地獄に陥った時の債務整理の方法の1つ。それが「任意整理」です。任意整理とは「裁判所を通さず、借金を減らす手続き」のこと。

ここではカードローンの返済ができなくなった時、任意整理をするメリット・デメリット、他の債務整理の方法との違いなどをまとめます。

任意整理のメリット・デメリット

まず、任意整理のメリットを箇条書きすると、下のようになります。

  • 過払い金を返還してもらえる
  • ここから先の利息をゼロにすることも可能
  • 家族や夫・旦那・妻などにバレることもない
  • 業者からの取り立てや督促が止まる

というのがメリットです。そしてデメリットは、

  • 約5年、個人信用情報に記録が残り、カードローンなどの審査に通らない
  • 個人再生や自己破産ほど、劇的に借金が減るわけではない

ということです。以下、詳しく説明します。

過払い金の返還とは

過払い金の返還とは「払い過ぎた利息=過払い金を、業者から返還してもらう」こと。以前の金融業界では「グレーゾーン金利」という、今より高い金利がありました。

当時はこれは合法だったのですが、今では違法になっています。そのため、返還を請求できるのです。

なぜ、グレーゾーン金利が発生していたのか?

これは「金利を決める法律が2つあった」ため。出資法
と利息制限法という法律ですが、それぞれで上限金利が異なっていたんですね。そのため、「利息制限法では違法だけど、出資法では適法」という金利が存在したのです。

これが「グレーゾーン金利」というもの。そして、この撤廃が決まった時「過去に払ったグレーゾーン金利まで、遡って返還請求していい」ということになったんですね。

というわけで、ここ5年ほど「過払い金の返還請求」というものが盛んに行われていたのです。

任意整理と過払い請求の関係

その過払い請求と任意整理が、どうつながるのか。実は、任意整理の内容は「何でもあり」なのです。「任意」というのは「自由」という意味ですし、「整理」というのは「債務整理」のことです。つまり「自由な債務整理」という意味なんですね。

だから、別に何をしてもいいのです。ただ、一番多い内容が「過払い請求」なので、「任意整理=過払い請求」と思っている人が多い、ということです。

過払い請求以外では、何ができるのか

任意整理は、過払い請求以外のこともいろいろできます。箇条書きすると、下のようになります。

  • 借金を減額してもらう
  • 今後の利息を軽減、あるいはゼロにしてもらう
  • 月々の最低支払額を減らしてもらう

などなど、内容は何でもありです。要は、

  • 自分にとって、負担が軽くなる
  • 業者にとって、破産されるよりマシ

という内容であれば、任意整理の交渉は成立します。債務者(借り手)としては、できるだけ負担を軽くしたいですが、当然業者はできるだけ全額回収したいです。

しかし、最悪自己破産されると1円も取れなくなります。業者にとって最悪なのは「自己破産される」ことなので、それがあり得る状態だと、任意整理でもかなり有利な条件で、交渉を進めることができるのです。

借金はどのくらい減額できるか

任意整理によって借金を減額する場合、どのくらいまでできるのか―。これは完全にその借り手の人や、業者・銀行の態度にもよります。ただ、確かなことは「5分の1までは行かない」ということ。

というのは、任意整理より上の債務整理で「個人再生」というものがあるのです。個人再生の内容は、「借金を5分の1~10分の1まで減額し、3~5年で完済する」というもの。個人再生をして初めて、借金総額を「5分の1」にできるんですね。

ということは、個人再生よりもライトな債務整理である「任意整理」の場合、「おそらく5分の1までの減額はない」と言えるのです。実際、そこまで減ることはありません。

その後の利息をゼロにできることは、ある

代わりに「その後に発生する利息をゼロにする」ということは、割と多くできます。これは交渉を担当してくれる司法書士・行政書士・弁護士などの実力次第ですが、比較的多く見られるケースです。

「これまでの利息はすべて払うけど、ここから先の利息はゼロにしてほしい」という内容です。わがままなようかも知れまんが、カードローン業者としてはこれでも全然良いのです。「ここまでの利息分は、売上として完全に計算できる」わけですから。

実は消費者金融・銀行カードローンの融資というのは「一定数の貸し倒れ」は、最初から想定済みなんですね。回収できない貸し倒れの債務者が出ても利益を出せるように、利子を設定しているのです。

だから、完全な貸し倒れではなく、任意整理をしてでもある程度返済してくれるなら「まあ、いいか」というレベルなんですね。

ということで、任意整理でも今後の支払い利息など、かなり負担を削れる部分があるのです。キャッシングで返済不能に陥っている人は、ぜひ任意整理を検討してみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング