専業主婦がカードローンの融資枠を増額することはできる?

専業主婦

2015.09.16

117

専業主婦がカードローンの融資枠を増額することはできるか―。これは「基本的に難しい」と思ってください。理由は下の通りです。

  • 専業主婦の融資枠は「一律30万円」のように決まっている
  • 一律なので、増額は基本的にない
  • 増額を希望するなら、アルバイト・パートが必要
  • アルバイト・パートをするなら、もはや専業主婦ではない

…ということです。以下、詳しくまとめます。

専業主婦の融資枠は「一律」で決まっている

専業主婦がキャッシングできるのは銀行カードローンですが、銀行カードローンでは、専業主婦に対する融資枠は「一律30万円」というように「一律」で決まっています。

普通の会社員・OLのキャッシングのように「収入によって変わる」ということはないんですね。夫・旦那の収入がいくらだろうと、関係ないわけです。

普通のサラリーマン・OLの借り入れの場合は、年収が増えることによって増額されることも多いですが、専業主婦はそれがない以上、融資枠を増やすことは難しいわけです。

パート・アルバイトで収入を増やせば増額できるが…

たとえば「30万円」の限度額をもらっていた場合、アルバイト・パートをして「年収150万円」を自分で稼いだら、理論的には「50万円」キャッシングできることになります。

しかし、ここまで来たら「専業主婦」ではなくアルバイト・パート収入がある女性の人であり、むしろ「フリーター」でしょう。ということで「無収入の専業主婦のまま増額する」のとは、だいぶ違うわけです。

「収入がない専業主婦のまま融資枠を増やす」というのは、こういう理由から、「基本的に難しい」と言えるんですね。

無収入の専業主婦のまま融資枠を増やす方法・条件

もし「収入がない専業主婦のまま」という条件で融資枠を増やすなら―。その方法は「ひたすらコツコツ返済を続ける」ということです。

いくら夫・旦那の収入で借りているとはいえ、遅れずにコツコツ返済してくれるのであれば、カードローン業者にとってはありがたい存在です。その期間が一定レベルに達したら、増額されることは確かにあるでしょう。

特に「30万円を完済したら、また30万円借りてくれる」…というような人は、増額される可能性が高いです。「この人は、どんどん利益をもたらしてくれる」と判断されるからです。

専業主婦が融資枠を増やしてもらうための条件

このように、「例外的に増やしてもらえる」として、その場合「これだと、増額されやすい」という条件を書いていきます。

  • 他社での借り入れがない
  • クレジットカードの保有枚数が少ないか、ゼロ
  • 昔のクレジットヒストリーが良好
  • 自宅情報が良好
  • その銀行の他のサービスも利用している

…という条件です。以下、詳しく説明しましょう。

クレジットカードの保有枚数は、少ない方がいい

クレジットカードは「持っているだけで、カードローン審査で不利になる」という特徴があります。理由は「そのクレジットカードで、どれだけ借り入れするかわからない」からです。

もうクレジットカードを持っていて、そのキャッシング枠やショッピング枠をもらっている以上、「その分までは、借り入れできる」んですね。「ということは、借り入れするだろう」という性悪説が、カードローン審査のスタンスなのです。

ということで、クレジットカードを持てば持つほど審査では不利になります。当然融資枠を増やすことも難しくなるわけです。そのため、クレジットカードをたくさん持っている人は、本当に必要なものだけに残して、後は解約することをおすすめします。

そのキャッシング以前のクレジットヒストリーが良好

クレジットヒストリーというのは、長ければ10年分記録されているものです(全国銀行個人信用情報センターで)。ということは、専業主婦が銀行カードローンで借り入れする場合も「それ以前のクレジットヒストリー」が影響するんですね。

審査の時はもちろんですが、その後融資枠を増やすかどうかの判断でも、銀行カードローンは過去のクレジットヒストリーを、ある程度参考にするでしょう(どのくらい参考にするかは、その銀行カードローンによります)。

もし過去のクレジットヒストリーが良好だったら、最初の審査時はもちろん、その後の限度額の増額でも有利になる(可能性が高い)わけです。

自宅情報が良好 ~持家・自分名義など~

これも審査時から関わる内容ですが「自宅情報が良好」というのは、大きな条件です。箇条書きすると下のようになります。

  • 持家である(賃貸ではない)
  • 一軒家である(アパート・マンションではない)
  • 住宅ローンの支払いが少ない(もしくは家賃が安い)
  • 自分名義である(家族名義ではない)
  • 同居家族が多い(一人暮らしではない)
  • 安全な地域である(津波などの被害率が少ない)
  • 居住年数が長い(引っ越したばかりでない)

…と、大体このような内容です。簡単にまとめると、

  • 「不動」である
  • 「支出」が少ない
  • 「家族」が多い

…ということです。「アパート・マンションより一軒家が良い」というのも「不動」なほどいい、ということですね。一軒家の場合、万が一災害で自宅が倒壊しても、土地が残るからです。

「支出が少ない」のがプラスなのは当然でしょう。また、「家族」については、

  • いざというとき、家族が払ってくれる
  • 連絡がつきやすい
  • 家族で夜逃げすることはできない
  • 家族と同居だと、家賃などの負担が少ない

…ということです。こういう理由で「同居家族の人数」も、専業主婦の融資枠の増加には、影響があるわけですね(もちろん、最初の審査時も)。

その他の銀行のサービスも利用している

その他、たとえば楽天銀行スーパーローン(カードローン)だったら、

  • 楽天銀行の口座
  • 楽天市場
  • 楽天クレジットカード(楽天KC)
  • 楽天トラベル
  • 楽天ビューティー

…と、これらのサービスを使えば使うほど、有利になります。その人のお金の流れを、楽天がリアルに把握できるので、その内容を見て「この人は信用できる」と思うし「今後もリピーターとして付き合ってもらおう」と思うわけです。

…このように、専業主婦のキャッシング枠の増額は難しいものの、もろもろの条件によっては可能となることもあります。これらは基本的に「審査に通る条件」とも同じなので、参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシング総合人気ランキング