楽天銀行スーパーローンは、無収入の専業主婦でも借りやすい

専業主婦

2015.09.16

93

楽天銀行スーパーローンは、特に専業主婦が借りやすいカードローンの一つ。ここでは、具体的にどのようなポイントで、楽天銀行スーパーローンは専業主婦にとって審査に通りやすいのか、それをまとめます。

「自分の本人確認書類」を出すだけで審査に通る

楽天銀行スーパーローンは、全国規模の銀行カードローンでは唯一「自分の本人確認書類」だけで、専業主婦が審査に通るカードローンです。普通のカードローンの場合、専業主婦が借り入れしようとすると、下のような書類が必要なのです。

  1. 婚姻関係の証明書
  2. 夫・旦那の同意書

1つ目の「婚姻関係の証明書」というのは、主に住民票です。他は戸籍抄本・戸籍謄本ですが、たいていの人は住民票を提出します。この婚姻関係の証明書は、特に問題ありません。

問題は2つ目の「夫・旦那の同意書」です。これをもらうということは、必ず夫・旦那にキャッシングがバレる、ということです。これが平気な専業主婦の人は当然いないので、いかにこの夫・旦那の同意書をなしで借りるか、が重要になります。

で、楽天銀行スーパーローンはこの2種類の書類が両方不要なのです。「配偶者の同意書だけ不要」という銀行カードローンは多くありますが、「婚姻関係の証明書も不要」というのは、楽天銀行だけなのです。

横浜銀行も「自分の身分証明書」だけでOKだが…

「楽天銀行だけ」と書きましたが、実は横浜銀行カードローンの専業主婦キャッシングも「自分の本人確認書類」だけで審査に通ります。しかし、横浜銀行は下のような条件があるのです。

  • 神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤
  • 群馬県は「高崎市・前橋市・桐生市のみ」

…という条件です。つまり、全国誰でもOKというわけではないんですね。その点、楽天銀行スーパーローンは全国各地どこに住んでいてもOKなので、「楽天銀行が唯一、身分証明書のみ」と言えるのです。

こういう理由で「専業主婦のキャッシング審査が一番簡単」ということなんですね。

楽天銀行の専業主婦の借り入れは、限度額も最大

さらに、楽天銀行の専業主婦キャッシングは「借入限度額」でも、すべての銀行カードローンの中で最大となっています。何と「一律50万円」という高額です。

これがどのくらい大きい金額かは、他の銀行カードローンの金額と比較するとわかります。他はすべて「一律30万円」なのです。ソニー銀行などは「10万円」というレベルです。

「夫・旦那の収入が多い人だけ、50万円なんでしょ?」と思われるかも知れません。しかし、そうではないのです。「夫・旦那の収入に関係なく」誰でも50万円になるんですね。楽天銀行の審査に通った人はすべて。

このように楽天銀行スーパーローンの専業主婦キャッシングは「借入限度額も最大」で、「審査の通りやすさも一番」ということです。

楽天銀行の口座がなくても当日借入可能

さらに楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすい点として「楽天銀行の口座がなくても当日キャッシング可能」という点があります。銀行カードローンの即日借り入れは「その銀行の口座を持っていることが必須」ということが多いです。しかし、楽天銀行はそれがないんですね。

この点でも「審査に通りやすい」といえます。「審査に通りやすい」というと、多くの人は「審査の基準が甘い・ゆるい」という意味だと考えがちですが、そうとは限らないのです。

審査申込みにあたってのハードルが少ない…というのも、大きな「審査の通りやすさ」の一部なんですね。楽天銀行はそのハードルが徹底的に取り除かれているので、非常に借りやすくなっています。専業主婦の人に限らず、どんな職業・属性の人でも。

楽天市場・クレジットカードの利用実績があるとさらに有利

専業主婦の人の中には、楽天市場で日頃から買い物している…という人も多いでしょう。また、楽天クレジットカード(楽天KC)の利用実績がある人も多いはずです。

こうした楽天銀行関係の利用実績があると、さらに審査に通りやすくなります。これまでの活動履歴から「架空の人間ではなく、本当に活動している人間」ということがわかりますし、クレジットカードの借入・返済でたくわえたクレジットスコアは、そのままカードローンの審査にも生きるからです。

また、楽天市場の利用実績も「この人は大体このくらいのお金を持っている」と推測するのに役立ちます。毎月の買い物を見ていれば、ある程度経済力がわかりますからね。

ということで、楽天市場など楽天のサービスを日頃から活用している専業主婦の人は、特に楽天銀行スーパーローンで借りるのはおすすめです。借入金額も50万円と大きいので、高額キャッシングをしたい人にもいいでしょう。

楽天銀行以外で、専業主婦のキャッシングにおすすめな銀行カードローン

自分の収入がない専業主婦がお金を借りたい時に、少ない提出書類で審査の申し込みができる楽天銀行スーパーローンは特におすすめ…、ということを、この段落までは書いてきました。当然ですが、無収入の専業主婦がお金を借りるのにおすすめな銀行カードローンは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外でもまだいくつかあります。

(自分の収入がない専業主婦というのは一見借り手のクレジットスコア・信用度的にマイナスのようですが、実は夫・旦那の収入が安定しているということで、むしろ優良顧客ということができますからね。どの銀行カードローンにとっても大切にしたいお客様なわけです)

ここでは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外で、どのような銀行のキャッシングブランドが、専業主婦のキャッシングにおすすめということができるか、それを解説していきます。

イオン銀行カードローンBIGは最高限度額が大きい

まず、自分の収入がない専業主婦でも最大で50万円まで借入枠をもらえる可能性がある、という点でイオン銀行カードローンBIGは専業主婦のキャッシングにも向いている、ということができます。どの専業主婦でも50万円まで最高借入枠を設定してもらえるということではなく、増額・増枠をされていって、融資枠が拡大されたら、最高で50万円まで行くという意味です。

もちろん、クレジットスコア・信用度が高い専業主婦の女性だったら、最初から最高与信枠が50万円になるということもあるでしょう。このあたりは完全にケースバイケースですが、何はともあれ「自分の収入がない専業主婦の場合は、最高でも与信枠は30万円まで」というルールの銀行カードローンが多い中で、50万円まで借りられる可能性があるというのは、かなり高額融資に有利ということが出来ます。

なので、特に高額のキャッシングをしたいという専業主婦の女性にとっては、イオン銀行カードローンBIGは大手の銀行カードローンの中でも、特におすすめの借入先ということですね。もちろん「あまりたくさんキャッシングをしたくない」という専業主婦の女性も多いでしょうし、「5万円程度借りたいだけだから、30万円でも50万円でもどっちでも関係ない」というような専業主婦の女性もいるでしょう。

何はともあれ、最大限度額が50万円まで設定されているということは「イオン銀行カードローンBIGでは、それだけ専業主婦という職業・属性が信用されている」ということで、専業主婦のキャッシングの審査全般で、比較的有利になるということが想像できます。(少なくとも、専業主婦は10万円までしか借りられない、というようなルールのキャッシングブランドと比較したら、断然、専業主婦に対する融資・貸付に理解があるということが出来るでしょう。)

というわけで、決してイオン銀行カードローンBIGが、専業主婦の女性に対して審査が甘い・ゆるいということではありませんが、比較的、専業主婦のキャッシングに理解があるということで、借入先の有力候補として、ここでおすすめしておきたいと思います。

横浜銀行カードローンも提出書類が少ない?

専業主婦のキャッシングの審査で楽天銀行スーパーローン(カードローン)がおすすめという理由の一つとして「必要書類が少ない」ということを、ここまでも書いてきました。あくまでそのようなインターネット上の評判・口コミがたまに散見されるというだけであって、実際の提出書類がどのようになるかはケースバイケースであると考えていただいた方がいいでしょう。…という前提の上で、仮に評判・口コミの通り、「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査は、専業主婦でも身分証明書を提出するだけでOK」というシステムだったとしたら、横浜銀行カードローンも実はそれと同様の条件で借りられると言われています。

(こちらもあくまで、そのようなインターネット上の評判・体験談が書き込まれているというだけですが)

身分確認資料だけ提出すればいいということは、つまり下のような書類は提出する必要がないということですね。

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係の証明書
  • 夫・旦那の収入証明書

配偶者の同意書というのは、夫・旦那の同意書のことです。婚姻関係の証明書というのは、住民票謄本・戸籍抄本・婚姻届受理証明書などのことで、役所などの公的機関が発行する書類で、配偶者の名前が書かれていて、確かに結婚していることがわかる書類というものですね。

基本的に、専業主婦が銀行カードローンでキャッシングをするためには、この2種類の書類が必要というふうに言われています。配偶者の同意書については提出しなくてもいいという銀行キャッシングが多いですが、婚姻関係の証明書については必要…ということが多いようです。

(結婚していることさえわかれば、無収入でも生活できるくらい、夫・旦那が安定収入を得ているということが推測できますからね。専業主婦の女性であるということは、実は一種の信用のバロメーター・尺度となるのです)

このように、普通の一般的な銀行カードローンだと必要になる婚姻関係の証明書(結婚証明書)や夫・旦那の同意書が、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査や、横浜銀行カードローンでは提出しなくてもいい…という内容のインターネット上の評判・口コミが、割とよく見られます。実際には、キャッシングについてのインターネット上の評判・体験談というのは、あまりあてにならない部分が多いので、正しいとは限らないですし、おそらくその専業主婦の女性の信用度・クレジットスコアに合わせて、ケースバイケースで、判断されるという風になるでしょう。

しかし、とりあえず「そのようなWEB上の評判・体験談が一切ない銀行カードローンよりは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの方が、比較的そのような条件(提出書類)でお金を借りられる可能性がある」ということだけは、指摘できます。

なので、これからキャッシングをしようとする専業主婦の女性で、「できるだけ書類の提出の負担がなく、簡単に申し込みできる銀行カードローンがいい」ということであれば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)に含めて、横浜銀行カードローンもおすすめできます。

(もっとも、横浜銀行カードローンでキャッシングをするためには、神奈川県・東京都・群馬県など、横浜銀行カードローンの対象エリアに在住・在勤している必要がありますが…)

静岡銀行カードローン「セレカ」も50万円まで借入可能?

先程イオン銀行カードローンBIGについての説明で、「楽天銀行スーパーローン(カードローン)と同じく、イオン銀行カードローンBIGも専業主婦の女性が50万円でまで最高借入枠をもらうことができる(本人の信用度・クレジットスコア次第)」ということを書いてきました。実は、このシステム・体制は他に静岡銀行カードローン「セレカ」でも同様に見られるものです。

地方銀行のキャッシングは、総じて自分の収入がない専業主婦の女性に対して少額融資しかしない(借入枠が小さい)傾向があるのですが、静岡銀行カードローン「セレカ」は例外となっています。地方銀行のキャッシングでありながら、インターネット支店であれば全国各地から申し込めたり、「最短30分」というスピード審査ができるなど、静岡銀行カードローン「セレカ」は地方銀行のキャッシングの中では例外的に優れたサービスが多いのですが、これが専業主婦の女性に対する最高限度額にも、現れているということですね。

もちろん、イオン銀行カードローンBIGと同様に(あるいは楽天銀行スーパーローンと同じく)、「実際に50万円の最大限度額を与えてもらえるかどうかは、その専業主婦の女性のクレジットスコア(信用度)次第」という結論になります。なので、誰でも50万円までキャッシング可能ということではないのですが、信用度・クレジットスコア次第で、50万円まで与信枠を拡大・増額・増枠してもらえる可能性があるということは、高額融資を希望する専業主婦の女性にとって、ありがたい融資条件であり、審査条件であるということが出来るでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング