無職の専業主婦のカードローンランキング―。家族に内緒!ばれずにお金を借りたい

専業主婦

2015.09.16

118

家族に内緒でお金を借りたい―。というのは、主婦の借り入れに関して、共通の悩みでしょう。しかし、これで悩むのは昔の話。現代のカードローンは「内緒で借りられるのが当たり前」になっているのです。

ここでは、主婦の人が家族に内緒でキャッシングするための方法・流れについて書きます。

無収入の専業主婦の場合、銀行カードローンで申し込む

主婦と一口に言っても、アルバイト・パートの収入がある主婦と、無収入の専業主婦の2通りがあります。専業主婦の場合、大手の消費者金融では借りられないので、銀行カードローンで借りることになります。

銀行カードローンで、家族に内緒で借りる方法

銀行カードローンで家族に内緒で借りるためには「配偶者の同意書不要」の銀行で申し込むことが必要です。基本的に、銀行カードローンの借り入れも家族にバレることはないのです。ただ、「夫・旦那」だけにはバレてしまうんですね。

というのは、無収入である以上「夫・旦那の収入で借りる」しかないわけです。そうすると「夫・旦那の同意書」が必要になるので、これをもらうときにバレるということですね(偽造するわけには行きませんから)。

そのため「夫・旦那の同意書なしで借入可能」な銀行カードローンに申し込む―。というのが、「収入がない専業主婦が家族に内緒で借り入れする方法」です。

パート収入がある主婦は、消費者金融で申し込み

専業主婦と違い、自分のパート収入がある主婦の場合、大手の消費者金融で申し込みます。消費者金融の方が、銀行カードローンよりも内緒のキャッシングがしやすいからです。

消費者金融の方が家族に内緒で申し込みやすい理由は、「ローンカードの郵送がない」ということ。銀行カードローンの場合、審査完了した後、ローンカードが自宅に郵送されることが大部分なのです。

なぜ、ローンカードを郵送するのか?

ローンカードを自宅に郵送する理由―。これは、

  • 住所確認のため
  • 単純に、借入・返済にローンカードが必要なため

…という2つの理由です。住所確認のために郵送する、というのは、銀行のキャッシュカードでも同じです。口座開設しても、窓口ですぐキャッシュカードをもらうことはできないですよね。

これは発行に時間がかかるためではなく「確かにそこに住んでいる」と確認するためであるのです。

そして、ローンカードが借入・返済に必要―。というのも郵送する理由です。「ローンカードなしで、ネットの振込手続きのみで借入・返済できる」という人もいますが、ネットを使えない高齢者の方などは、やはりローンカードが必要です。また、若い人でもローンカードがあった方が、返済・借入は断然便利です(ATMが使えるので)。

という2つの理由で、銀行カードローンでは審査後に「ローンカードが自宅に郵送される」わけです。これが原因で家族に借金がバレることがたまにあるのですが、消費者金融はこれがないわけですね。

なぜ消費者金融は、ローンカードが自宅に郵送されないのか?

消費者金融も、本来は自宅に郵送されます。しかし、「無人契約機・自動契約機でカード発行する」という方法があるため、それで回避できるんですね。

無人契約機・自動契約機というのは、街中で見かける消費者金融の看板の建物です。「アコム」とか「アイフル」という大きな文字の看板を、よく見かけるでしょう。あの建物の中にあるマシンです。

この自動契約機・ローン契約機は、審査することもできますが「カード発行だけする」というのもできます。そのため、ネット申込みなどで審査して、審査完了した後、この自動契約機・ローン契約機でカード発行する…ということができるんですね。

で、カード発行ができたら、それを使ってATMで借り入れするだけです。こうすれば、家族にカードローンの利用がバレることは、まったくないわけです。

という理由で、銀行カードローンよりも消費者金融で借りた方が、家族に借り入れがバレることはないんですね。パート収入がある主婦だったら、専業主婦と違って消費者金融で借りることもできるので、こちらを選んだ方が、より内緒の借り入れがしやすくなるわけです。

毎月の返済に遅れないことも、非常に重要

その他、主婦の人のキャッシングが家族バレしないためには「毎月の返済を遅れずにする」ということも、極めて重要です。悪質な遅延・延滞の場合、自宅に督促電話やはがきが行くこともあるからです。

逆に言うと、よほど悪質な遅延・延滞をしない限り、このような自宅への督促電話などもまったくないので、特に問題ないのですが…。一応、審査完了後の家族バレの原因としてはこれもあるので、注意してください。

無職の専業主婦の女性でも、家族に内緒で借り入れできる

ここまで書いてきた通り、主に大手の銀行カードローンから申し込むようにすれば、無職の専業主婦の女性でも、家族にバレないようにキャッシングをすることは可能となっています。そして、大手の銀行キャッシング以外でお金を借りる方法も、無収入の専業主婦の場合は選択肢としてあるわけですが、ここではそのような「大手の銀行カードローン以外の借入先の候補(キャッシングの方法)」について、解説していきましょう。

クレジットカードのキャッシング

まず定番の方法ですが、現時点で持っているクレジットカードにキャッシング機能が付加されている場合は、それを使えばすぐに最短即日融資を受けられるというやり方が指摘できます。これは知っている人にとっては「当たり前だろ」というお金の借り方かも知れませんが、キャッシング・借り入れなどを一切したことがない、初めてカードローンでお金を借りるというような専業主婦の女性だと、意外とこれを知らない…という方もいるのです。つまり「クレジットカードというのは、あくまでショッピング・買い物のためだけにある」と思っているということですね。

ある意味、そのようにクレジットカードのキャッシング機能について知らないというのは、健全なことかも知れませんが、何はともあれ、そのような方法もあるので、自分のクレジットカードに、ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠もあるかどうかを知らないという専業主婦の女性の場合は、まずはそれを確認してみるというのがいいでしょう。

もしキャッシング機能が使えるクレジットカードであれば、もう審査は通過しているので、提携コンビニATM・提携銀行ATMなどにそのクレジットカードを挿入することで、すぐに最短当日借入ができます。大手の消費者金融・銀行カードローンの最短即日審査は非常にスピーディーですが、それでも最短30分から最短1時間程度はかかるので、「すでに審査を通過している」という状態のクレジットカードからお金を借りることは、無職の専業主婦の女性の方々にとっても、もしできるのであれば、一番簡単にお金を借りられる方法…ということが出来るでしょう。

専業主婦OKのレディースローン

これはあまりおすすめ出来ないのですが、「無職の専業主婦の女性でも借入可能」という条件になっているレディースローン・レディースキャッシング(女性向けローン)からお金を借りる…という方法もあります。アコム・プロミス・アイフルなど、大手の消費者金融が提供しているレディースキャッシングは、すべて「自分の収入があること」というのが条件になっていて、無職の専業主婦の女性では審査を通過することが出来ません。

しかし、中小の消費者金融が提供するレディースローン・レディースキャッシングであれば、無職の専業主婦の女性でも借入資格・申込資格がある…という場合があるんですね。これも中小業者にしてもやはり少数派ですが、それでも一応そのように「専業主婦の女性でもキャッシングが可能」という女性向けローンは存在しているわけです。

そして、これがあまりおすすめ出来ないという理由は「悪徳業者が一部紛れ込んでいる」ということなんですね。あくまでごく一部ですが、そのような違法業者・悪質業者も存在しているのです。

具体的にどのように悪質業者・違法業者なのかというと、「全額返済が到底できないような多額の借金をその無職の専業主婦の女性に貸し付けて、返済不能状態にしてから、風俗店などで働かせる」というやり方ですね。つまり、善意でどんどん融資しているように見せかけて、実は「風俗店の人材確保をしている」ということなのです。

違法な金利をとっているのでなければ、キャッシングの契約自体は合法です。金額によっては自己破産などの債務整理で借金がチャラになることもありますが、悪徳業者やヤミ金融はそのような冷静な判断を専業主婦の女性ができないように「夫・旦那にバラすぞ」「近所に借り入れがバレてもいいのか」というような脅し文句をかけるわけですね。このような脅迫を受けて、冷静さをなくしてしまった無職の専業主婦の女性は、彼ら違法業者の言うままに、風俗店などで「アルバイト・パート」をすることになってしまう…というわけです。

もちろん、繰り返しますが、このような悪質なレディースローン・レディースキャッシングはごく一部のものであり、一時期歌舞伎町など、限定されたエリアに存在していただけです。現在は中小のキャッシング業者が提供する女性向けローンであっても、健全なものがほとんどになっています。

ただ、そのように健全なレディースキャッシング(女性向けローン)となると、逆に審査が厳しくなるというデメリット・短所・注意点もあり、無職の専業主婦の女性では借入審査に通るのがかなり厳しくなる…ということも理解して下さい。

クレジットカードの現金化は危険なのでやめる

「お金を借りる方法」とは違いますが、他の無職の専業主婦の女性がすぐに必要な金額を手にすることができて、しかも家族にバレない、夫・旦那にバレない…という風になると、クレジットカードの現金化というやり方も候補に上がります。これは街中の看板などでよく宣伝されていますし、インターネットでも広告をよく目にするので、知っている方も多いでしょう。

クレジットカードの現金化とは何かというと、クレジットカードで商品券などの買い物をして、それをすぐに業者に売りさばき、現金を確保するというものですね。普通のリサイクルショップに売るなど「自分でやる」方法もありますが、基本的にクレジットカードの現金化というと「それ専門の業者を利用する」というパターンが多くなります。

以前は高額なパソコンなどを使うことがよくありましたが、最近は「Amazon商品券」がよく使われるようです。チケットの売買は昔から完全に合法なので、その売買がネットですぐにできるAmazon商品券を利用する…ということですね。

これらの業者が、約束通りの金額でAmazon商品券を買い取ってくれるのかはわかりません。しかし、仮に買い取ってくれたとしても、その時点ですでに1割り程度損をしていますし、クレジットカードで買ったわけなので、それからクレジットカードの借入残高に対する利息・手数料も発生します。つまり、クレジットカードの現金化というのは「二重で利用者が損をするシステム」ということですね。(当然すぎるくらい当然ですが)

しかも、どのクレジットカード会社でもこのような「ショッピング枠の現金化」については禁止しています。現金化業者に対して禁止するというのもありますが、利用者に対しても禁止しているということですね。つまり、クレジットカードの現金化をするのは「規約違反」ということなのです。

規約違反をしたら、そのクレジットカード会社のルールによっては、一撃で強制解約・退会となることもあります。キャッシング・カードローンやクレジットカードの強制退会・強制解約は、いわゆるブラックリストとして個人信用情報に記録が残り続けるので、5年間程度は、新たな借入審査に一切通過できなくなる…という事態になります。

このようなリスクや金銭的なロスを考えると、どれだけ急ぎでお金を借りたい、今すぐお金が必要という場面だったとしても、クレジットカードの現金化は一切使わないようにすべきでしょう。

ということで、現時点で資金調達をするために「クレジットカードの現金化」を検討しているという無職の専業主婦の女性の方がいたら、どうしてもお金が必要という切羽詰まった状況・シチュエーションでなければ、回避することをおすすめします。(勇気を出して、そのお金が必要な用事自体をキャンセルする、断る…などですね)

無職の専業主婦の女性の借入先ランキング

最後に、無職の専業主婦の女性がキャッシングをする時、どのような借入先からお金を借りるのがいいかというランキングを紹介しましょう。当然、同じ無職の専業主婦の女性といっても、置かれている状況・シチュエーションやお金が必要な理由などによってケースバイケースなので、このランキングはあくまで「一般的」なものです。

簡単にベスト3のみランキングにすると、下のようになります。

  1. 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  2. イオン銀行カードローンBIG
  3. 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

キャッシングについてのインターネット上の口コミ・評判をざっと見る限り、無職の専業主婦の女性にとって人気のキャッシングのランキングは、大体このようになります。

まず楽天銀行スーパーローン(カードローン)についてですが、これは無職の専業主婦の女性のキャッシングを歓迎していて、最大融資枠も最高で50万円まで設定してもらえるという、高額借入での有利さがあります。最短即日融資については事実上できないようですが、最短当日審査は可能となっています。(借り入れはその日中にできなくても、審査自体は最短即日出来るということですね。)

続いて、ランキングの2番目のイオン銀行カードローンBIGですが、これが無職の専業主婦の女性の借り入れに向いているというのは、何となくわかるでしょう。イオンモールという、専業主婦の女性が特にメインの顧客層になっているグループなので、無職の専業主婦の女性であっても、比較的優遇されやすいということですね。会社の側からしたら「貸し付けたお金で、ショッピングをしてもらえる」という期待も持てるからです。もちろん、融資したお金(キャッシング残高)からの利息収入も得られます。

ランキングの第三位の三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」。これは三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても最短即日融資が可能となっているし、土曜日・日曜日・祝日でも最短当日借入ができるというのがメリットとなっています。もちろん、これは無職の専業主婦の女性だけではなく、フリーター・パート、あるいは会社員・OL・公務員の方々など、自分の収入がある申込者であっても同様に言えるメリットです。

「バンクイックの、専業主婦の女性だけに言えるメリット」ということでいうと、やはり「配偶者の同意書の提出をしなくても、無職の専業主婦の女性が借り入れ(借金)をできる」という点にあるでしょう。つまり「夫・旦那に内緒でキャッシングをする」ということが、まったく問題なく可能というわけですね。(婚姻関係の証明書と呼ばれる住民票・戸籍抄本・戸籍謄本などを提出すれば借りられるようになっています。基本的には)

というようなそれぞれのメリット・長所・利点から、これら3つの銀行カードローンを、「無職の専業主婦の女性がお金を借りる時の、特におすすめなキャッシング先」ということで、まとめてきました。これからお金が必要な用事を、カードローン・キャッシング・消費者金融などによってクリアしたいと考えている無職の専業主婦の女性の方々は、ぜひ参考にしてみて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング