自分の収入がない専業主婦でも、申し込めるカードローンは?

専業主婦

2015.09.10

cashing5

専業主婦でも申し込める銀行カードローン―。これは「大体どの銀行カードローンでもOK」です。逆に「専業主婦が借り入れ不可な銀行キャッシング」を列挙した方がいいくらいです。

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • 新生銀行(レイク)

主要な銀行カードローンの中では、この3つの銀行は「専業主婦キャッシング不可」となっています。それ以外の銀行カードローンはすべて「専業主婦の借り入れOK」です。

「夫・旦那の同意書不要」の銀行がおすすめ

上にも書いた通り、銀行カードローンならほぼどこでも専業主婦借り入れOKなのですが、中でも特に「夫・旦那の同意書なし」で借入可能な銀行カードローンがおすすめです。

おすすめの理由は簡単で「夫バレ・旦那バレしない」からです。これらの銀行カードローンがバレないというより、普通の銀行カードローンは、すべて夫バレ・旦那バレしてしまうのです。

というのは、普通の銀行カードローンの専業主婦の審査では「配偶者の同意書」が必須なため。配偶者の同意書=「夫・旦那の同意書」ですが、これを用意するということは、必ず夫・旦那に借金がバレるということなのです。

(同意書を偽造するわけにはいきませんからね)

そのため、「夫・旦那の同意書不要の銀行カードローンがおすすめ」というより、「そこしかない」のです。それ以外の銀行カードローンで借りたら、必ず夫・旦那にキャッシングがバレてしまいますからね。

配偶者の同意書なしで借入可能な銀行カードローン一覧

では、「配偶者の同意書不要」で借入可能な銀行カードローンはどこか。一覧にすると下の通りです。

  1. 東京スター銀行
  2. 楽天銀行
  3. イオン銀行
  4. 横浜銀行
  5. 三菱東京UFJ銀行
  6. みずほ銀行

…というように三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行という二大メガバンクを含め、多くの銀行カードローンが揃っています。東京スター銀行や横浜銀行は地方銀行なので、やや馴染みが薄いかも知れません。

しかし、その他の銀行はすべて全国規模なので、利用している人も多いでしょう。これらの銀行なら配偶者の同意書不要で「住民票」だけ提出すれば、借り入れOKとなっています。

住民票は何のために提出するのか?

一応住民票と書きましたが、実は住民票でなくてもOKです。住民票は「婚姻関係の証明書」として出すので、他の書類でもいいんですね。たとえば戸籍謄本・戸籍抄本などです。他にも夫との婚姻関係を証明する書類はいろいろあります。

ただ、戸籍謄本なども含めて基本的に面倒なので、みんな住民票を提出します。住民票で問題なくOKですし、審査する側も見慣れている書類の方が、早く審査できます。つまり、審査の所要時間も短縮できる可能性があるわけですね(とうより、実際短縮されます)。

住民票は、楽天銀行・横浜銀行だったら不要

上の一覧の銀行カードローンの中で、横浜銀行・楽天銀行で申し込む場合は、住民票も不要です。つまり、楽天銀行・横浜銀行で提出する書類は「自分の本人確認書類」だけです。運転免許証や各種健康保険証だけですね。

ということで、ものすごく審査が簡単で「ここまで書類がゆるくていいのか」と思うくらいですが、何はともあれありがたいことです。

専業主婦の人で「申し込みやすい銀行カードローン」「審査通過しやすいキャッシング業者」を探している人は、横浜銀行・楽天銀行で申し込むのがいいでしょう。

専業主婦は限度額いくらまで借入可能なのか?

収入がない専業主婦のキャッシングでは、限度額いくらまで借りることができるのか―。これは「大体30万円」です。ほとんどの銀行が「一律30万円」というルールになっています。夫・旦那の収入がいくらであろうと30万円、ということですね。

専業主婦のカードローン審査では夫の収入は審査しないのです。普通のキャッシング審査の場合は「本人の年収」をチェックして、「その年収の3分の1まで」という貸金業法第13条の2第2項の規定のルールにしたがって限度額を決定します。

しかし、専業主婦の借入審査の場合は「夫の収入」をチェックすることなく、「みんな30万円」になるわけですね。

「限度額50万円」や「10万円」のカードローンも

例外として、イオン銀行・楽天銀行は「限度額50万円」というルールになっています。かなり大きい金額ですが、どちらもイオンモール・楽天市場というショッピングがメインの会社なので、そこに専業主婦を取り込みたい…ということですね。

ソニー銀行カードローンの場合「10万円」という限度額になります。これは少々小さいですが、キャッシングで一番多い必要な金額は「3万円・5万円・10万円」ということを考えると、10万円あれば十分という人もいるかも知れません。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング