楽天銀行スーパーローンはスピード借り入れも可能 ~14時までに申し込み~

即日融資

2015.09.10

rakute-sokujitsu

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、当然スピード審査にも対応しています(現代のカードローンで、スピード借入ができない業者・ブランド・銀行はありません)。ここでは、楽天銀行のスピード借入の審査や申し込みについてまとめます。

楽天銀行の口座がなくてもスピードキャッシングできる

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード借入の利点の一つ。それは「楽天銀行の口座がなくてもスピード借入可能」ということ。銀行カードローンは「その銀行の口座がなければスピードキャッシングできない」というパターンが多いですが、楽天銀行はこの点、非常に申し込みやすいです。

一応、楽天銀行の口座があった方が審査に申し込みやすい

ただ、一応楽天銀行の口座を持っている人の方が審査に申し込みやすいですし、審査にかかる時間も短くなります。これは当然で、銀行口座があるという時点で、住所確認などの審査が、以前に終わっているということだからです。

また、銀行口座を持っているなら、その利用実績を見ればその人の経済力や、金銭感覚もある程度わかります。たとえば「入金がある度に、すぐに全部引き出してしまう」という人は、カードローンでも返済で遅延・延滞しやすい…という統計があります(日常の感覚で大体わかるでしょう)。

というように、楽天銀行の口座を持っていると、審査もかなり省略できますし、通過しやすくなります。この点で、楽天銀行の口座がある人は特に、スピード借入しやすい楽天銀行スーパーローン(カードローン)で借りるといいでしょう。

楽天市場などの関連サービスの利用実績も、評価される

さらに、楽天銀行の利用実績だけではなく、楽天市場・楽天クレジットカードかなどの関連サービスの利用実績も、審査にプラスになります。もちろん、これらの利用で返済の延滞・遅延があったりと「マイナスの履歴」を残していたら、逆に不利です。

しかし、特に楽天クレジットカード(楽天KC)などで、「毎回遅延・延滞せずに返済」「たくさん借りてたくさん返済」ということをしていたら、これはかなり、審査に通りやすくなります。

というように、他の楽天の関連サービスを使っている人も、そのクレジットヒストリーに自信があったら、ぜひ楽天銀行スーパーローン(カードローン)で申し込むといいでしょう。

(他の銀行カードローンよりも、スピード借入しやすくなります)

楽天銀行は、何時までの申し込みでスピード借入できる?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード融資は、何時までに申し込めばスピード借入できるのか。これは大体「午前中」です。14時までに審査終了していれば、それで自分の銀行口座に振り込んでもらえるからです。

(楽天銀行以外の口座でも)

14時に審査終了しているということは、遅くとも正午には申し込みしている必要があります。ただ、楽天銀行の審査にかかる時間はおそらく2時間ではギリギリなので、念のために午前10時くらいに申し込みした方がいいでしょう。

楽天銀行の口座に振り込むなら、14時までに申し込む

他の銀行口座ではなく楽天銀行の口座に振り込む場合―。これは正午ではなく「14時」までに申し込めば、大体スピード借入できます。というのは、楽天銀行同士だったら「24時間振り込み可能」だからです。

振り込み時間が関係ないということは、あとは「楽天銀行の社員さんが、何時まですぐに審査してくれるか」ということなんですね。これはハッキリと公表されていませんが、とりあえず「17時」としましょう。

17時の時点で審査完了しているとうことは、大体「14時」がギリギリのラインになります。14時に申し込みしていれば、審査に3時間かかっても17時には審査終了しています。

ということで、もし楽天銀行の口座に振り込んでもらう場合は、14時までには審査申込みする…と考えてください。これより遅くなると、スピード借入は厳しいといえます。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は土日・祝日でもスピード借入OK

土日・祝日でも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)はスピード借入できます。ただ、土日・祝日だと他の銀行が閉まっているので、振り込める銀行は楽天銀行だけです。

時間についても平日と同じく14時までOKです。もし休日に「突然お金が必要」となった場面でも、楽天銀行の口座を持っている人だったら、安心して申し込みしてください(絶対に審査に通るとは限りませんが)。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード融資は出来ない?

ここまでは「楽天銀行スーパーローン(カードローン)はスピード融資ができる」ということを書いてきましたが、実際には「事実上、スピード融資は出来ない」ようです。ただ、ほとんどのキャッシングの情報サイトでは「楽天銀行スーパーローン(カードローン)はスピード融資可能」という風に書かれていますし、そこから楽天銀行スーパーローン(カードローン)の公式サイトにもずっとリンクが貼られていて、特に問題が起きていないということは、もしかしたら「スピード融資ができる」というのも正解なのかも知れません。

正確な所はわかりませんが、ここでは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)に実際に問い合わせをされた方の情報を参考に「楽天銀行スーパーローン(カードローン)では、スピード融資は不可能」という主張について解説します。

「審査だけ」ならスピーディーにできるが…

結論を書くと「審査だけ」なら、確かに楽天銀行スーパーローン(カードローン)はスピーディーにできるのです。しかし「融資」となると「最短翌日」になるんですね。これは楽天銀行の口座があってもなくても、同じです。すぐに審査結果が出たとしても、振込融資をしてもらえるのは、翌営業日になります。

これを読むと「審査の申し込みの時間が早かったら、審査結果が出た後、その日中に振り込んでもらえるのでは?」と思うかも知れません。確かに、他の銀行カードローンだったらそのパターンはあります。しかし、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合、申し込んだ時間とは無関係で、振込融資は「翌営業日」と決まっています。

振込キャッシング以外の方法でお金を借りるのは?

上の段落の説明を読むと、「じゃあ、振込キャッシングでなく、ローンカードの発行をしてATMから現金で直接借りる方法だったらどうか?」と思う人もいるでしょう。主にカードローンの知識がある人ですね。

確かに、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」など、ローン契約機・自動契約機があるキャッシングブランドであれば、この方法でスピード融資ができます。しかし、楽天銀行スーパーローン(カードローン)にはバンクイックでいうテレビ窓口のようなローン申込機はないので、スピード融資は振込キャッシングでするしかない、というシステムになっています。

そして、その振込融資は最短翌日しかしてもらえないということで「スピード融資は不可能」という結論になるのです。

土日・祝日の振込融資も出来ない

カードローン・キャッシング・消費者金融についてのサイトではさらに「楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、土曜日・日曜日・祝日でも、楽天銀行の口座を持っていればスピード融資が出来る」ということが書かれています。しかし、実はこれも間違いのようです。

「スピード融資ができない」というのは、ここまで書いてきた通りです。それに加えて、本来振込キャッシングをしてもらえる翌日が、祝日や土曜日・日曜日だった場合、さらに月曜日まで振込融資の日付が延長されるという風になります。簡結に書くと、「金曜日に審査を通過したら、借りられるのは月曜日になる」ということですね。

もちろん、この月曜日が祝日だった場合には、借りられる日はさらに延びます。火曜日にようやく振り込んでもらえるということですね。ようやくというのもなんですが、キャッシングの情報サイトに書かれているように、楽天銀行スーパーローン(カードローン)だったらスピード融資が可能と思っている方にとっては、これは「ようやく」という印象でしょう。金曜日から数えて4日後にようやく借り入れができるということですから。

審査日数は早くて数営業日程度

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査にかかる日数ですが、これは明確にはわかりません。大体3営業日程度かかるという風に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の中の人は説明されているようです。ここでは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード審査について、詳しく解説していきます。

スピーディーに結果が出るのは、あくまで仮審査

まず、ここで書いている数営業日というのは、すべて「仮審査の結果が出るまでの日数」ということです。本審査とはまた違います。楽天銀行スーパーローン(カードローン)では、仮審査で10万円以上融資できると判断されたら、その時点で仮の通過となり、そこから本人の携帯への確認電話を受けて、身分確認資料などを提出して、本審査となります。本審査というのは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合は、身分証明書をチェックすることなんですね。(簡結に書くと)

この本人確認資料の審査については、到着してすぐにできるので、メールや写メなどで送信した場合には、スピーディーに出来ることが多いです。なので、本審査については仮審査と違い、3営業日もかかることはほぼないと思って下さい。

本審査を通過した後の融資は、最短翌日になる

ここでまたスピード融資の話題に戻りますが、こうして「本審査はスピーディーにできた」としても、そこからの融資については、先にも書いた通り「翌営業日」となります。すぐにはできません。例えば午前中など、早い時間に本審査が終了したとしても、それでも翌営業日になります。

振込先の口座を、楽天銀行の口座にしようと、みずほ銀行などの他の銀行口座にしようと、すべて同様であるという点に注意してください。キャッシングの情報サイトやインターネット上の口コミ・評判では、しばしば「楽天銀行の口座だったら、その日中に振り込める」ということが書かれていますが、これはどうやら間違いのようです。(ほとんどのサイトでそのように書かれているので、どちらが正しいのか判断が難しいですが)

審査通過後の郵送物について

楽天銀行スーパーローン(カードローン)では、審査の通過をした後、ローンカードが郵送されます。普通の銀行口座でいうキャッシュカードのようなもので、これを使ってATMで借入・返済をするということですね。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のテレビ窓口や、新生銀行カードローン レイクの自動契約機のようなローン契約機の類があれば、そこでローンカードを発行することも出来るのですが、このようなローン申込機を持っている銀行カードローンは限られています。楽天銀行スーパーローン(カードローン)もそのような自動契約機・無人契約機の類は持っていないので、ローンカードの受け取りはもれなく郵送となります。

ローンカードの郵送によって家族バレすることはない?

キャッシングをする人は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で借りるにしても、その他の銀行カードローン・消費者金融で借りるにしても、お金を借りていることを家族や嫁・妻・夫・旦那にバレないようにしたいと思っているでしょう。実際、バレて離婚のような騒ぎになったり、あるいは不仲になったりするよりは、秘密・内緒でお金を借りるようにした方がよほどいいので、このように「家族にバレないようにしたい」という気持ちは、正しいものです。

という前提に立つと、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のローンカードが郵送されることによって、家族にキャッシングがバレるのではないかという心配は、当然あるでしょう。しかしこれについては、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合は、基本的に安心して大丈夫です。(家族バレはほぼしないということです。)

封筒はある程度の厚みがあるので、キャッシュカードやローンカードが入っているということは、見た目でわかるようになっています。しかし、楽天銀行という見やすいようにハッキリ印字されているので、家族・嫁・妻・夫・旦那などの方が手にとっても「ああ、楽天銀行で口座開設でもしたのかな」という程度に思ってもらえるものです。絶対にそう思うという保証はありませんが、キャッシングの経験がある家族・嫁・妻・夫・旦那のような方、あるいは相当鋭い方でない限りは、基本的にそう思うでしょう。

差出人の名前にも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)という「キャッシングだとわかる名前・名称」はありません。なので、基本的にカードローンでお金を借りているということは、郵送物の外見からはわかりません。ただ、注意すべき点もあります。

URLに「ローン」の文字が英語で書かれている

かなり細かいことなのですが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のローンカードの封筒は、差出人のURLが書かれています。つまり楽天銀行スーパーローン(カードローン)の公式サイトのアドレスということですが、そのアドレスの中に「Rakuten-Bank loan」という文字が入っているのです。この「ローン」という文字を読んで、家族・夫・旦那・嫁・妻や親がキャッシングに気づくということもあり得ます。

このあたりは、その家族の敏感さによるという結論になります。差出人のURLまで見るという家族・嫁・妻・夫・旦那もいれば、まったく見ないということもあるでしょう。WEB系の仕事をしている人間からしたら、URLというのはもっとも興味がある部分なので、家族がそういう人であれば、ほぼ確実に見られ、キャッシングバレするリスクがあります。

しかし、家族がインターネットに疎かったり、こういう細かい部分まで見ないという人であれば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のローンカードの郵送によって、家族に借り入れがバレるということは、基本的にないか少ないと考えていいでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング