新生銀行カードローン・レイクの土日キャッシング ~休日でも借入可能~

即日融資

2015.09.10

lake-donichi

新生銀行カードローン・レイクは、土日・祝日の即日審査にも対応可能。平日と同じく、21時まで当日審査しています。21時まで審査しているということは、その1時間前の20時(夜8時)までに申し込みすれば、当日借入できるということです。

銀行カードローンでこの時間まで土日審査に対応しているのは、三井住友銀行のみ。そして審査通過率が高いことも考えれば、土日キャッシングで一番借りやすいのはレイクと言っていいでしょう。

レイクの土日キャッシングは、在籍確認に注意

これはレイクだけでなくどの業者・銀行でも同じですが、土日融資で最大の難関は「在籍確認」です。人によっては別に難関でもないのですが「土日・祝日が休みの職場」だと、土日審査での在籍確認はできないんですね。

ということで「在籍確認できないせいでキャッシング審査に落ちた」という体験談・口コミが、よく見られるのです。そして、新生銀行カードローン・レイクでは「在籍確認の回避」ができません。「なしにする方法」というのがないんですね。

そのため、土日・祝日に勤務先が閉まっている人は、基本的にレイクの土日借入は厳しいと考えてください。そうでなく、土日・祝日も職場が開いているという人の場合、レイクで問題なく土日借入できます。

返済能力が高い人の場合、省略されることも

これもレイクに限らずどの消費者金融・銀行カードローンでも共通することですが、返済能力が高い人の審査の場合、在籍確認が省略されるケースもあります。

返済能力が高いというのは「年収が多い」「職業が安定している」「これまでのクレジットヒストリーがいい」などですね。クレジットヒストリーというのは、個人信用情報です。これまでの借入・返済の履歴ですね。

借入希望金額に対してこの返済能力が明らかに高い場合、在籍確認を省略する銀行や消費者金融は多いのです。新生銀行カードローン・レイクでもそうした体験談・口コミがたまに見られるので、「返済能力が高い人の場合、在籍確認は必須とは限らない」といえます。

ただ、一部の消費者金融などのように「狙って在籍確認を回避する」というのはできません。そのため、どれだけクレジットスコアが高い人であっても、一応レイクの在籍確認は「必ずある」と思っておいた方がいいでしょう。

レイクの土日審査の時間に間に合わなかった場合

レイクは毎日「21時」という遅い時間まで当日審査しています。土日・祝日でもこの時間は同じです。しかし「間に合わなかった」「それでも、当日中に借りたい」という場合はあるでしょう。

この場合、実はまだ選択肢があります。それは「プロミスで申し込む」ということ。プロミスなら「22時」まで即日審査しているので、レイクより1時間長いわけですね。

というわけで、こちらもギリギリですが、レイクで時間内に土日審査を申し込みできなかったら、プロミスで申し込むようにしましょう。

レイクの土日融資は、銀行振り込みはできない

これはレイクに限った話ではなく、どの銀行カードローンや消費者金融でもやはり共通です。土日借入というのは、基本的に「現金で直接借りる」やり方であり「銀行振り込みで借りる」ということはできません。

土日・祝日は銀行業務が止まっているからですね。そのため、レイクが振込手続きをしてくれても、それが振り込み先の銀行口座に反映されるのが、翌営業日になるのです。

というわけで、振り込みによって即日借り入れするということは、レイクでも他の銀行カードローンや消費者金融でも、土日キャッシングの場合はできません。銀行カードローンだったら、その銀行の口座の場合はできるなどいくつか例外もありますが、基本的には、「土日借入=現金で直接借入」と思ってください。

レイクの土日借入は「カード発行」が必須

新生銀行カードローン・レイクで土日融資を受ける場合、先にも書いた通り「現金で直接、ATMで借りる」というのが基本。そして、ATMで借り入れする場合、銀行預金を引き出す時と同じように「カード」が必要です。キャッシングの場合は「キャッシュカード」ではなく「ローンカード」といいます。

で、そのローンカードを発行するために、レイクの自動契約機・無人契約機を利用する必要があります(ローン契約機とも呼ばれます)。この自動契約機は審査もできるのですが、審査は自宅でネット申込みでして、カード発行だけこの無人契約機でする…というのもありです。

そうして発行したレイクカードを、レイクの専用ATMやコンビニ・銀行のATMに挿入して、それで現金を直接借りる…というのが、レイクの土日融資のやり方です。

土曜日・日曜日にレイク以外で借りやすい銀行カードローン

新生銀行カードローン レイクは、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日融資が可能というシステムになっています。これはここまで説明してきた通りです。

そして、そもそも最短即日融資自体が、大手の銀行カードローンで特に有利な借入先なので、急ぎでお金を借りたいという人は、土曜日・日曜日・祝日であろうと、平日であろうと、基本的に新生銀行カードローン レイクで申し込むことをおすすめします。(金利・利息面に特にこだわらないのであれば)

そのように、日曜日・土曜日・祝日のキャッシングで特におすすめな銀行カードローンは新生銀行カードローン レイクなのですが「一応、他の銀行キャッシングの土日融資についても知りたい」という方は多いでしょう。そのため、ここでは「新生銀行カードローン レイクを除外しても、土曜日・日曜日・祝日の最短当日キャッシングがしやすい銀行カードローンはあるのか、あるならどこか」ということを解説していきます。

総合的には三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

これは少しでもカードローンの知識がある人だったら、予想通りの回答かも知れませんが、土日・祝日の最短即日融資がしやすい銀行キャッシングで、金利・利息面や審査基準などで、総合的に優れているのは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。具体的にどのように総合的に有利なのかというと、下のような理由になります。

  • 学生でも親権者の同意書があれば借りられる
  • 自分の収入がない専業主婦の女性が、特にキャッシングしやすい銀行カードローンの一つ
  • 土曜日・日曜日でも夜間まで最短即日審査をしている
  • 三菱東京UFJ銀行の口座が必要ない
  • 新生銀行カードローン レイクよりも低金利である
  • 土曜日・日曜日・祝日でも、最短30分で審査できる

主にこのような理由です。要は自分の収入がない専業主婦の女性や学生のような、少々キャッシングが難しい職業・属性でも借り入れができるし、審査スピードや最短即日審査の受付時間の面でも有利ということですね。そして、新生銀行カードローン レイクの実質年率(上限金利)が18.0%という風に、大手の消費者金融と同じレベルであるのに対し、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は14.6%ということで、銀行カードローンの標準レベルとなっています。

つまり、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)の方が新生銀行カードローン レイクよりかなり低金利ということですね。その分、同じ「最短30分」でも、実際に30分で審査が完了できる割合などは、新生銀行カードローン レイクの方がおそらく高いでしょうし、審査通過率についても、新生銀行カードローン レイクが有利だと思われます。

ということで「土曜日・日曜日に、確実にお金を借りたい」ということであれば、新生銀行カードローン レイクの方がおすすめです。しかし「月曜日までずれ込んでもいい」とか「バンクイックの審査に落ちたら、新生銀行カードローン レイクに申し込むのでもいい」というようなゆるい状況・シチュエーションであれば、まず三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で申し込んでみるというのも、おすすめの選択肢です。

口座があるならオリックス銀行カードローン

もし、すでにオリックス銀行の口座を持っている人であれば、土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資は、オリックス銀行カードローンですることも可能です。オリックス銀行カードローンは、平日はオリックス銀行の口座なしでも最短当日借入ができるのですが、日曜日・土曜日・祝日になると、口座が必要という条件に代わるのです。

ということで、あくまで「オリックス銀行の口座がある人」という申し込み条件になりますが、逆に言えば、それさえクリアしていれば、オリックス銀行カードローンでの土日融資は、借入資格・申込資格としては問題ないということです。

ただ、新生銀行カードローン レイクと比較すると、やはりレイクの方が急ぎでお金が必要な人にとっては有利です。最短即日融資で有利といえる要素のほとんどで、新生銀行カードローン レイクの方がオリックス銀行カードローンより勝っています。例えば、下のような点ですね。

  • 「最短30分」で審査できる(オリックス銀行カードローンは「最短即日」)
  • 審査通過率は、おそらくオリックス銀行カードローンよりやや高い
  • 土曜日・日曜日でも大体21時まで最短即日審査をしている(オリックス銀行カードローンは17時程度)
  • ローンカードの発行ができる時間は、大手の消費者金融・銀行カードローンで一番長い

このような理由です。特に「最短30分」で審査が完了するというのは、かなり大きいでしょう。日曜日・土曜日にキャッシングが必要になるような人というのは、大体急ぎでお金を借りたいわけですからね。30分という短時間でスピード審査ができるというのは、そのように急ぎでお金が必要な申込者にとって、かなり有利な条件隣るはずです。

審査通過率については、新生銀行カードローン レイクもオリックス銀行カードローンも公表していないので、正確な審査通過率はわかりません。(というより、この2つの銀行カードローンだけではなく、大手の銀行キャッシングは基本的に審査通過率を非公開としています)

そのため、審査通過率の比較については推測でしかないのですが、オリックス銀行カードローンは、過去に「年収150万円以上」という融資条件を設定していたことがあり、割と審査が厳しいと言われる銀行カードローンの一つです。今ではこの「年収150万円以上」という審査条件は撤廃されていますが、今もそのような審査の厳しさは残っているかも知れません。(日本人全体の所得が下がった今、年収150万円以上という審査基準は厳しすぎるので、ほぼ消滅しているとは思いますが、多少の名残はまだあるでしょう)

というオリックス銀行カードローンの歴史も考えると、新生銀行カードローン レイクの方が多少審査通過率が高いという推測は、間違っていないかと思います。

実質金利については、新生銀行カードローン レイクは18.0%、オリックス銀行カードローンは17.8%ということで、ほぼ変わりません。しかも新生銀行カードローン レイクには2種類の無利息キャッシング(初回30日間無利息、5万円まで180日間無利息)があるので、利息面では新生銀行カードローン レイクの方が安くなっています。こうして比較してみると、土曜日・日曜日・祝日にお金を借りたいという場面でも、オリックス銀行カードローンより全体的に、新生銀行カードローン レイクの方がおすすめと言えるでしょう。

口座があれば、イオン銀行カードローンBIGもおすすめ

オリックス銀行カードローン同様、あくまで「口座がある人」という条件になりますが、イオン銀行カードローンBIGも最短即日融資を土曜日・日曜日・祝日に受けたいという時には、かなりおすすめできます。イオン銀行カードローンBIGのメリット・長所・利点は、下のようになります。

  • 上限金利が13.8%で、ソニー銀行カードローンと並んで一番安い
  • 手数料なし・無料で使える提携ATMが多い

主にこの2点になります。銀行カードローンの平均的な上限金利は14.5%なので、13.8%のイオン銀行カードローンBIGとソニー銀行カードローンは、かなり低金利ということができます。上限金利というのは、100万円未満のキャッシングで主に適用される金利なので、大部分の人がお金を借りる時には、上限金利が用いられると考えていいです。つまり、低金利な銀行カードローン・消費者金融というのは、要するに「上限金利が低いキャッシングブランド」のことなのです。イオン銀行カードローンBIGはそれに該当するということですね。

ただ、新生銀行カードローン レイクには「初回30日間無利息」があるので、最初の4ヶ月か5ヶ月は、実際の利子総額では新生銀行カードローン レイクの方が低利息になります。これは意外かも知れませんが、計算してみればわかります。最初の1ヶ月のリードが、4ヶ月か5ヶ月続くということです。

なので、もしそのような短期間で完済できる自信があるのであれば、金利・利息面でもイオン銀行カードローンBIGより新生銀行カードローン レイクの方が有利となります。逆にもっと長期間の借り入れになるなら、イオン銀行カードローンBIGで土日借入をするメリットも大きいでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング