新生銀行カードローン・レイクの即日融資 ~何時までに申し込めばOK?~

即日融資

2015.09.10

lake-sokujitsu

新生銀行カードローン・レイクは、当然即日借り入れも可能です。今の銀行カードローンや消費者金融の中で、当日融資に対応していない業者・銀行はないので、当然と言えば当然ですが。

ただ即日融資ができるというだけでなく、銀行カードローンの中で一番融資スピードが早いのが、レイクです。ここではそのレイクの当日キャッシングについてまとめます。

レイクの審査にかかる時間は、銀行カードローンで最速

新生銀行カードローン・レイクの審査にかかる時間は、最短30分。これは銀行カードローンで最速です。キャッシングの知識がある人は「いや、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行も最短30分だぞ」と思うかも知れません。確かにその通りです。

しかし、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行はあくまで「最短」であって、その最短が「どのくらいの頻度であるか」は、不明なのです。しかし、レイクの場合は「大部分が、実際に30分で終わる」んですね。

もちろん三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行も早いのですが、レイクはそれをさらに上回って早いということ。もちろん、その分金利が「消費者金融レベルに高い」という難点もあるのですが、何はともあれ、銀行カードローンの中で「審査速度が一番」というのは、間違いないでしょう。

即日審査の受付時間は、「21時」まで

レイクの当日審査の受付時間は、毎日「21時まで」となっています。正確に言うと受け付けているのが21時なので、申し込みは20時までにした方がいいでしょう。そうすれば、審査に1時間かかったとしても、ギリギリ間に合います。

また、この夜9時までという時間は、平日だけでなく「土日・祝日でも共通」です。土日・祝日でもこのような夜遅くまで審査してくれるというのは、銀行カードローンではめったにないことです(他は三井住友銀行だけ)。

三菱東京UFJ銀行も土日・祝日に審査していますが、土曜日は18時まで、日曜日は17時までと、時間制限が厳しくなっています(それでも銀行カードローンにしては大健闘ですが)。

こうしてメガバンクのカードローンと比較しても、レイクの即日審査の受付時間の条件が、かなり利用者にやさしい…ということがわかるでしょう。

レイクの当日振り込みは、何時までに申し込む?

レイクの即日振り込みを受けるためには、何時までに申し込みすればいいのか―。先ほど書いた「20時まで」というのは「現金で直接で借りる」場合です。振り込みで借りたい場合は、もっと早くなります。

はっきり決まっているわけではありませんが「大体午前中」に申し込めば、確実に間に合うと思ってください(絶対ではありませんが)。理由は「14時45分までに審査完了」していれば、レイクでは即日振込み可能だからです。

ということは、正午に申し込みしていれば、約2時間30分、審査時間があるわけです。レイクの審査の所要時間は「最短30分」なので、これだけあればまず間に合うでしょう。

正午の申し込みでこれだけ余裕があるということは、午前中に申し込んだら、ほぼ確実にOKということ。というわけで、レイクで即日振込みしてもらいたい人は、午前中には審査申込みするようにしてください。

レイクは消費者金融と比較しても当日振り込みがしやすい

上に書いたレイクの「14時45分まで」という時間は、消費者金融と比較しても、非常に「借りやすい」条件です。大手の消費者金融の当日振り込みの締切時間は、それぞれ下のようになっています。

  • プロミス…14時50分
  • モビット…14時50分
  • レイク…14時45分
  • アコム…14時30分
  • アイフル…14時
  • ノーローン…12時30分

…レイクは銀行カードローンですが、わかりやすく途中に入れました。これを見ても、モビット・プロミスについで、レイクが長い時間で即日審査している、ということがわかるでしょう。

上の表ではアコムが14時30分となっていますが、ゆうちょ銀行に振り込む場合は「14時」になります。ということで、レイクの次に早いアコムよりも、レイクの方がさらに便利といえます。

このように「銀行カードローンだけど、消費者金融と同レベルに即日融資に強い」というのが、レイクの魅力なのです。

レイクは在籍確認の回避をできるか?

当日キャッシングで厄介なのは「勤務先への在籍確認」。精神的にも在籍確認はしてほしくないですし、職場が休みの時など、「これが原因で借りられない」ということもしばしばあります。

レイクの審査では在籍確認は必須で、プロミス・モビットのように「書類の提出で回避する」ということは、残念ながらできません。また、アコムのように「在籍確認に失敗しても、10万円で融資」ということもありません。

そういう点では、他の銀行カードローンと同じく少々厳しいです。ただ、状況・条件によっては電話確認なしになることもあるようなので、一度相談してみるといいかも知れません。

新生銀行カードローン・レイクは、ローンカードの発行の可能時間が最長

最短即日融資ができるというのは、新生銀行カードローン レイクでもその他のキャッシングブランドでも、大手だったら割と普通に見られるシステムです。しかし、その中でも特に新生銀行カードローン レイクの最短即日融資のサービスが優れているのは、見出しの通り「ローンカードの発行をできる時間が、一番長い」ということです。ここでは、この新生銀行カードローン レイクの最短即日キャッシングのメリットについて、解説していきます。

平日・土曜日は、24時まで発行可能

新生銀行カードローン レイクのローンカードは、平日や土曜日であれば、24時まで発行できるようになっています。新生銀行カードローン レイクの自動契約機に行って、そこでカード発行をするわけですね。僅少でもカードローンの知識がある人であれば、この「24時前」という時間設定が、驚異的なものだとわかるでしょう。

というのは、大手の消費者金融で一番長いプロミス・アコムでも、22時(夜10時)までとなっているからです。新生銀行カードローン レイクは、この2つの消費者金融よりさらに2時間も、ローンカードの発行をできる時間が長くなっているわけですね。銀行カードローンでありながら、消費者金融よりも最短即日融資のシステムが優れているわけです。

「土曜日と平日が有利なのはわかったが、他の曜日はどうなのか」と思う人もいるかも知れません。新生銀行カードローン レイクでは、日曜日や祝日は「22時まで」ローンカードの発行ができるようになっています。つまり「時間が短くなる日曜日・祝日でも、アコム・プロミスと同じ」ということです。そして、言うまでもなく平日・土曜日の方が、日曜日や祝日より断然日数が多いわけです。こうして考えてみると「ローンカードの発行が出来る時間の長さについては、新生銀行カードローン レイクは群を抜いている」ということが出来るでしょう。

(ちなみに、第3日曜日については例外的に19時までとなっています。土日・祝日に新生銀行カードローン レイクでお金を借りようとする人は、第3日曜日でないかどうかだけ、しっかりチェックして下さい。*自動契約機でローンカードの発行をしようとする場合ですが)

ローンカードの発行の締切時間が長いことのメリット

新生銀行カードローン レイクの最短即日融資を語る上で、この「ローンカードの発行が出来る時間が長い」ということが、具体的にどのようにメリット・長所・利点となるのか。ここからは、それを説明していきましょう。

審査が完了してから、家を出ても間に合う

例えば大手の消費者金融の場合、最短当日審査の締切時間と、ローンカードの発行ができる時間の終了が、同じ時間となっています。ということは「締切時間ギリギリで審査通過した場合、そこからローンカードの発行をする時間はない」ということです。

もちろん、そのようにギリギリで審査に通るということはめったにない(もっと早く審査に通るか、翌日に持ち越される)ので、少ないケースではあります。しかし、そのように「ほぼ同時」になった時には、「無人契約機・自動契約機で、ローンカードの発行をできる時間の長さがものを言う」ということです。

その点、新生銀行カードローン レイクだったら最短即日審査は21時までしていて、ローンカードの発行は24時までできるということで、3時間も余裕があります。つまり「審査結果が出て、審査に通ったことがわかってからローン契約機に向かっても問題なく最短当日借入ができる」ということなのです。

「もしかしたら審査落ちするかも知れないし、その場合は自動契約機に行っても無駄足になってしまうから、審査結果が出るまで自宅で待機したい」という方もいるでしょう。そのような方々にとっても、新生銀行カードローン レイクのこの「最短当日審査の締切時間から、ローンカードの発行の締切時間まで3時間余裕がある」というシステムは、非常に便利なものといえます。

田舎・郊外に住んでいる人に、特に便利

また、ローン申込機でのカード発行というのは、特に田舎・郊外に住んでいる方にとっては、割と切実な問題です。というのは「新生銀行カードローン レイクの自動契約機に行くまでに、片道1時間や2時間かかる」という方も中にはいるからです。

新生銀行カードローン レイクのローン申込機は、かなりの数設置されています。相当な田舎でもあるので、ほとんどの人はそんなに時間はかかりません。しかし、自動車で行く場合には道路の混み具合などもありますし、田舎・郊外に住んでいると、ローンカードの発行で不利なのは確かです。

その点、新生銀行カードローン レイクのように「ローンカードの発行が出来る時間に、かなりゆとりがある」ということであれば、道路が渋滞していても、どんな僻地に住んでいても、時間までに間に合って、無事にローンカードの発行ができ、最短即日融資を受けることが可能となります。

その他の銀行カードローン・消費者金融だったら、そこまでの時間の余裕はありませんから、早めに審査の申し込みをした場合でも「審査結果が出る前から、自動契約機に向かう」というような行動が必要になります。(これで審査落ちしていたら、二重でショックですね)

というような徒労が、新生銀行カードローン レイクのキャッシングの場合はないというのが、大きなメリットといえます。

そもそも、なぜローンカードの発行が必要なのか

最短即日融資の話題なのに、なぜローンカードの発行の話をこれだけしているのか、と思う人もいるかも知れません。こうした方にとっては、おそらくキャッシングというのは「銀行振込」というイメージなのでしょう。もちろん、それも正しいです。

ただ、「銀行振込では最短即日融資ができない日時」というのがあるのです。言うまでもなく「銀行の営業時間外」ですね。土曜日・日曜日や平日の15時以降は、どの銀行も営業していないので、振込みによる最短即日融資はできないということです。これは日常生活で誰もが経験していることなので、すぐわかるでしょう。

そのように「銀行振込による借り入れができない」という日時には、どうやって最短即日融資をすればいいのか。それが「ATMから借りる」という方法なんですね。そして、「ATMを動かすには何らかのカードが必要であり、新生銀行カードローン レイクなどのキャッシングの場合は、それがローンカードになる」ということです。そのローンカードを当日中に発行するために、自動契約機・ローン申込機などに行くということです。

一度ローンカードの発行さえしてしまえば、もういつでもキャッシングはできます。新生銀行カードローン レイクのATMはもちろん、提携しているコンビニATM・銀行ATMでも借入・返済ができます。特にコンビニATMが使えるので、ローンカードの発行さえできたら、深夜であろうと土曜日・日曜日・祝日であろうと、いつでもキャッシングができるというわけです。

(こういう意味では深夜のキャッシングもできるのですが、審査申込み自体は、当然深夜ではダメです)

何はともあれ、このように「ATMからの最短即日融資」を受けるために、ローンカードの発行をするわけですね。銀行振込による貸付しか知らなかった方でも、こうして理由やシステムを説明すると、納得していただけるかと思います。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング