新生銀行カードローン・レイクの審査基準 ~自分の収入があればOK~

審査

2015.09.10

lake-shinsa

新生銀行カードローン・レイクの審査基準は、銀行カードローンというよりは消費者金融に近いです。基本は「自分の収入があること」で、アルバイトなどで安定収入さえあれば、若年層でも主婦でも借入可能です。

逆に自分の収入がない人(専業主婦や無職・ニートなど)は、借り入れできません。

フリーター・アルバイト・パートなら問題なく借入可能

新生銀行カードローン・レイクでは、パート・アルバイト・フリーターの方などは、まったく問題なくキャッシングできます。これらの非正規雇用の職業・属性は「キャッシング審査で落ちやすい」とたまに言われますが、これは完全な俗説。

基本的にキャッシング審査では「非正規雇用だから審査に落ちる」ということはないのです。自分の収入さえしっかりあれば、多少限度額が小さくなるくらいで、借入審査自体は問題なく取ります。

むしろ「借入・返済の実績がない」という会社員・OLの人よりも「たくさん借りて、たくさん返済している」というフリーター・アルバイトの人の方が、クレジットスコアが高い分、審査に申し込みやすいくらいです。

要は「実際に返済できるかどうか」が全てなんですね。そういう点で、キャッシングの審査の世界というのは、実は「実力主義」であり、「平等な世界」といえます。

会社員・OL・公務員はもちろん審査で有利

上のように書いたものの、クレジットヒストリーが同じ条件だったら、当然会社員・OL・公務員というような立場の人の方が、アルバイト・パートの人などよりは審査に通りやすくなっています。

これはレイクだけでなく、どの業者・ブランド・銀行でも同じです。上で書きたかったことはフリーター・アルバイトの方が有利…ということではなく「非正規雇用でも、クレジットヒストリーさえしっかりしていれば、キャッシングできる」ということです。

自営業・法人経営者・個人事業主も借入可能

また、独立系の職業の人々。たとえばフリーランス・個人事業主・自営業・会社代表者…などの人も、レイクでは借り入れできます。普通はレイクの審査では「100万円まで」は収入証明書なしで借りることができますが、これらの職業・属性の人の場合、収入証明書が必要になります。

  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 課税通知書
  • 所得証明書

などの書類を提出すればOKです。大抵は確定申告書を提出することになるでしょう。自営業やフリーランスの人であれば、これらの所得証明書は必ず持っているはずなので、特に問題ないはずです。

専業主婦は新生銀行カードローン・レイクでは借り入れ不可

銀行カードローンは基本的に「無収入の専業主婦」でもキャッシングできるようになっています。夫の収入で借りるので、本人に収入がなくてもOKなんですね(また、専業主婦自体が立派な一つの職業なので)。

しかし、レイクの場合は違います。レイクは専業主婦に対する扱いでは、消費者金融と同じなので「収入がない専業主婦は融資不可」となっています。旦那の収入で借りるということも、残念ながらできません。

ということで、自分の収入がない専業主婦の人が借り入れしたい場合、レイクではなく、他の銀行カードローンで借り入れするようにしましょう。特に三菱東京UFJ銀行・楽天銀行・イオン銀行・みずほ銀行などは「配偶者の同意書なし」でも借入可能なので、夫バレ・旦那バレすることなく、借金できます。

新生銀行カードローン・レイクは、学生借入も可能

専業主婦は借り入れ不可ですが、逆に学生キャッシングについては、レイクは問題なくOKです。銀行カードローンではオリックス銀行・三井住友銀行など「学生融資禁止」のところが結構ありますが、この点ではレイクの方が審査がやさしいといえます。

親権者の同意書などの書類は必要ありません。三菱東京UFJ銀行などはこれが求められますが、レイクは不要です。この点でも、学生融資についての審査が優しいと言えるでしょう。

レイクで学生がキャッシングするための条件は「自分のアルバイト収入がある」ことと、「年齢が20才以上」ということ。逆に言えば、学生で自分の収入がある人でも「10代・未成年」という場合は借り入れ不可です。

10代・未成年は、社会人でも融資不可

学生の審査基準の話ついでに、10代・未成年の審査基準についても書いておきましょう。もし高卒や中卒で働いていて、すでに会社員やフリーターである…という人でも、10代・未成年のうちは、レイクではキャッシングできません。レイクだけでなく、どの業者・ブランド・銀行でも無理です。

法的にはOKなので、中には中小業者で融資している業者もありますが、そういう業者はヤミ金の一歩手前と考えた方がいいでしょう。基本的に大手のまともなカードローン会社は10代・未成年には融資しないと考えてください。

新生銀行カードローン レイクは、高齢者でも借入可能か

新生銀行カードローン レイクの審査基準について調べている方の中には「年金生活者・年金受給者などの高齢者・老人でも、新生銀行カードローン レイクでかすることは出来るのか」ということを、知りたい方もいるでしょう。結論を書くと見出しの通り、年金受給者・年金生活者でも新生銀行カードローン レイクでお金を借りることは可能となっています。

ただ、当然ですがこれは一定の融資条件を満たした方のみであり、年金生活者(年金受給者)の方々が、誰でも新生銀行カードローン レイクで借り入れを出来るということではありません。具体的にどのような審査基準が、新生銀行カードローン レイクで高齢者の方々に対して設定されているのか、ということを解説していきます。

年金以外の収入が必要になる

キャッシングのインターネット上の口コミ・評判などのサイトを見ている方なら、これはほぼ確実に知っているでしょう。年金生活者・年金受給者がお金を借りるためには、年金以外の収入が必要というのは、キャッシングの審査基準として常識となっています。新生銀行カードローン レイク以外でも同じということですね。どのキャッシングブランドでも、どの銀行カードローンであっても、年金生活者・年金受給者が借り入れをするためには、パート・アルバイトなどをして働いていて、安定収入があることが条件となっています。

もちろん、年金収入も安定収入といえば安定収入です。しかし年金以外の収入がないということは、働いていないということであり、働いていない以上「健康面で不安がある」ということは否めないでしょう。もちろん「趣味に生きているだけで、働いている人より健康」というお年寄りもいます。

しかし、とりあえずアルバイト・パートをしているのであれば「仕事ができるくらい元気」ということは、その時点で保証されているわけです。(新生銀行カードローン レイクでも、審査時に当然勤務先への在籍確認の電話はかけますからね)パート・アルバイトをしていない年金生活者・年金受給者だと、元気かどうかわからないわけですが、働いている高齢者の方であれば、「一定の健康は保っている」ということが、その時点でわかるわけです。

キャッシングの審査基準では、新生銀行カードローン レイクでもどこでも、このように「より確率が高い」方を信用する傾向があります。「パート・アルバイトをしていない老人の方が、元気かも知れない」ということは確かにいえますが「確率的に、アルバイト・パートをしている人の方が元気」ということであれば、そちらを優先して信用するのです。(これは日常生活でも、誰もが無意識にしていることで、正しい判断です)

また、そもそもキャッシングをした後は、返済が必要になります。毎月の生活費に加えて、さらに借り入れの返済が加わるわけです。ということは「お金を借りた後の方が、実は資金繰りは厳しくなる」わけですね。当たり前のことですが、カードローン・キャッシング・消費者金融でお金を借りる方々の中には、これを理解していない方が一定数見えます。(もしかしたら、わかっていて現実逃避として見たくないのかも知れませんが)

何はともあれ、現時点で「年金だけでは生活できない」から、新生銀行カードローン レイクなどのキャッシングでお金を借りようとするわけです。となれば借り入れをした後、返済でさらに厳しくなるのだから、年金以外の収入がないと立ち行かないのは当然ということですね。借りて返済をするためには、物理的に年金以外の収入が絶対に必要なのです。

ということで、新生銀行カードローン レイクでもどこでも、年金生活に入っている高齢者・老人の方々がお金を借りるための審査基準として「安定収入がある・年金以外の収入がある」ということが必須となっています。これからお金を借りようとする高齢者の方々は、重々理解して下さい。

年齢制限は70才までで、一番長い

新生銀行カードローン レイクの審査基準の特徴の一つとして、年齢制限が一番長いということが挙げられます。見出しの通り70才まで借り入れができるようになっています。(当然ですが、誰でも審査に通るわけではなく、あくまで借入資格として70才までOKということです)

「アイフル・SMBCモビット・プロミスなどの大手の消費者金融の方が、年齢制限はゆるいのでは」と思う人もいるかも知れません。しかし、意外ですが大手の消費者金融はみんな69才までなのに対して、新生銀行カードローン レイクは70才までなので、レイクの方が年齢制限が甘いのです。銀行カードローンとしては、これはかなり驚くべきことかも知れません。

(もちろん、お金を借りたい年金生活者・年金受給者の方々にとっては、非常にいいサービスといえます)

年齢制限を広げているだけであって、審査は通常通り厳しくするわけですし、上の段落にも書いた通り、年金以外の収入も必須としていますから、別に新生銀行カードローン レイクが審査が甘い・ゆるいということではありません。むしろ「選択肢が多くの申込者に対して開かれている」ということで、良いサービスの体制ということができます。(インターネット上の口コミ・評判でも、実際にそのように評価されています)

余談ですが、どの銀行カードローン・消費者金融の審査基準を見ても、70代でキャッシングをできる所はありません。(新生銀行カードローン レイクはギリギリ、70代でも借入可能ということになります)

70代の高齢者の方々でもお金を借りることができるのは、例えば、中小業者のプランネルというキャッシングブランドになります。大手の消費者金融・銀行カードローンと違って口コミ・評判が少ないですし、ネットキャッシングなどのシステムでも劣るので、あまりおすすめはできませんが、どうしても70代の方がキャッシングでお金を借りたいということであれば、このような貸金業者もある、ということを知っておいてください。

新生銀行を年金の振込先にする?

これは可能かどうかわかりませんが、年金受給者・年金生活者で新生銀行カードローン レイクの審査に申し込む場合は「年金の振込先を新生銀行の口座に指定する」ことがもし出来たら、審査で有利になる可能性があります。これは下のような理由からです。

  • 新生銀行が、その人の経済状況を把握しやすくなる
  • 年金が振り込まれるタイミングで引き落としできるので、返済の遅延・延滞がなくなる
  • 年金の振込先の銀行というのは、深い付き合いになるので、それなりの配慮がされる(かも知れない)

基本的に、重度の延滞・滞納がない限り、銀行カードローンがその利用者の銀行口座を確認するということはありません。遅延・延滞がかなり長期間続いている場合には、その利用者をそれ以上の借入超過者・多重債務者にしたいためにも、銀行口座などで経済状況を確認する必要があります。

そのような時、年金の振込先が新生銀行の口座になっていたら、その把握がしやすくなるということですね。あくまで推測ですが、このような理由によって、やや審査に通りやすくなる可能性があるといえます。

また、そもそも「年金が振り込まれるのと同時に、口座引落をする設定」にすれば、もう遅延・延滞をされることは絶対にないわけです。年金というのは、必ず国から振り込まれるものですからね。ということは、新生銀行カードローン レイクの側からしたら「これ以上、いいお客さんもいない」ということになります。

(どれだけ高収入な方々であっても、会社員・OL・公務員やパート・アルバイトで「絶対に延滞・滞納をしない」という人は、まずいないですからね。お給料を払ってくれる相手が、会社ではなく国であるというのは、すごいことなのです)

このような理由から、もし年金の振込先を新生銀行の口座に設定できるのであれば、審査で多少有利になることは、あるかも知れません。もちろん、それによって審査が甘くなる・ゆるくなるということはありません。あくまで、新生銀行カードローン レイクの審査基準としては当落線上ギリギリだった方が、何とか審査に通るかも知れない、というようなくらいだと思っておいて下さい。

(つまり、こういう小手先の知識やテクニックより、そもそもの経済状況・他社借入状況などの根本的なクレジットスコア・信用度の方が重要ということです。)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング