オリックス銀行カードローンの審査口コミ、審査は甘いの厳しいの?

オリックス銀行カードローン

下限金利1.7%で借り換えおまとめ(一本化)にも大人気

  • おまとめ
  • アルバイト
  • ● ATM設置台数95,000台以上!(2016年5月末時点)
  • ● キャッシングの際に来店・口座開設不要
  • ● 借入残高30万円以下なら月々の返済7,000円でOK
審査時間 融資時間 実質年率 借入限度額 遅延損害金利率
最短即日審査 申込日から2日以降 1.7% ~ 17.8% 最大800万円 お借入残高に対し借入利率+2.1%
オリックス銀行カードローンに今すぐ申し込む

オリックス銀行カードローンの即日審査・当日融資について、金利・融資枠・勤務先への在籍確認・借りられる職業・属性など、すべての情報をまとめています。他の消費者金融や銀行カードローンとの比較もあるので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

オリックス銀行カードローンの審査口コミ、審査は甘いの厳しいの?

オリックス銀行カードローンは最短即日融資可能?!

オリックス銀行カードローンは最短即日審査可能ではありますが、ローンカード到着後でなければ融資を受けることが出来ないため即日融資不可。融資を受けることが出来るのは、早くても申し込み後3日目以降となってしまいます。詳しくは【オリックス銀行カードローンの申し込み方法と借り入れまでの流れについて】で解説しているのでそちらを参照して下さい。

オリックス銀行カードローンの金利とスペック

オリックス銀行カードローンの金利は、年3.0%~年17.8%、限度額は800万円です。金利について公式ホームページでは業界最低水準!とアピールされていますが、ご覧の通り、確かに下限金利は業界最低水準ですが上限金利は消費者金融並みに高いです。

限度額については、銀行カードローンの多くが最高限度額500~1,000万円となっている、という視点でいうとハイスペックというほどではありません。ですが、800万円もあれば十分といえる額ではないでしょうか?

ちなみに、金利、スペックを見ただけだと正直特に魅力的!とは言えませんが、金利に幅があるということは対象となる方の年収層・利用可能額にも幅がある(詳しくは【オリックス銀行カードローンの審査について】を参照してください)と捉えることもできます。また、銀行カードローンに限ったことではありませんが、昨今おまとめローンや借り換えローンを積極的に行う金融機関が少ない中、オリックス銀行カードローンはおまとめや借りかえにも積極的なカードローンであるなど、数値だけで判断することが出来ない魅力がオリックス銀行カードローンにはある、と筆者は考えます。

オリックス銀行カードローンは家族に内緒で借りられる?!家族バレの可能性は?!

オリックス銀行カードローンを提供しているオリックス銀行株式会社は窓口や店舗、自動契約機などのないネット銀行です。ですから、一刻も早くカードを受け取り融資を受けたい!カードが送られてくると家族に怪しまれてしまうのでカードを受け取り取りに行きたい!と思ってもリアル店舗がないため郵送で受け取るしか他に方法はありません。

そのため、ローンカードが送られてくるのは「マズイ」「絶対に困る」という方は、残念ながらオリックス銀行カードローンの利用を考え直した方がいいのかもしれませんが、送付されてくる状態を知っておけば、少しは不安も払しょくされるかも?!

オリックス銀行カードローンは、残念ながら本人限定郵便ではなく「転送不要の一般書留」で送付されます。ですから、家族の手に渡る可能性は確かにあり、万が一開封されてしまえばアウト!バレてしまいます。ですが、通常家族であっても本人宛に来た封書でなければ開封することはまずないでしょう。それに、差出人名は「ORIX オリックス銀行」ですが`ローンカード在中’なんてことはもちろん記載されていませんし、中身がわからないように送られてくるので「カードが入っているのかな?」と思われたとしても「口座を開設したから」「クレジットカードを作った」などと答えれば消費者金融から郵便物が届いたのと違って、それ以上深追いされることもまずないのでは?

つまり、家族が受け取り勝手に開封した場合を除けば、貴方さえ堂々としていれば家族バレの可能性はないはずです。それでも心配!金融機関から郵送物が来るだけでも家族に疑われてしまう、という方であれば見合わせた方が賢明でしょうが・・・そうでなければさほど心配する必要はないと思いますよ。

オリックス銀行カードローンは専業主婦や学生は申し込みできないはホント?!

オリックス銀行カードローンは、職業や雇用形態に関わらず勤務先での安定した収入があれば申し込み可能で、アルバイトやパート、派遣、フリーターの方でも申し込みできます。ですからパートなどをしていれば主婦でも申し込み可能です。しかし、本人に収入のない専業主婦は申し込み&利用することはできません。

だとすると、アルバイトなどをしている満20歳以上の学生は申し込めるのでは?!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら本人に安定した収入があったとしても学生は申し込み不可となっています。

オリックス銀行カードローンの電話による在籍確認を避けることはできない?!対応策はないの?

オリックス銀行カードローンに申し込むと審査の一環として必ず電話による在籍確認があります。つまり「電話による在籍確認は必須!」ということです。

では、電話による在籍確認を避ける方法はないのでしょうか?
口コミや体験談などを参照すると「『会社に電話が来るのは困るので何とかして欲しい』とお願いしたら書類による代替措置でなんとか逃れることが出来た!」というものもあれば「申し込みする時点で『電話による在籍確認に同意した』ということになるので避けられない」、「本人確認の後に在籍確認が行われるので『〇〇時△△分になら自分が電話に出ることできるので・・・』と電話をかけてもらう時間を指定してかけてもらった」など様々なことが書かれていますが、実際どうなのか?なにか策はあるのか?気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、オリックス銀行カードローンに8回電話し確認してみました。

その結果は!!

お一人は、「電話による在籍確認を避けて欲しい」とお申し出があった場合、書類による代替が可能か?審査させていただくことになりますが、その場合、在籍証明書をお勤め先に発行していただかなければなりません。

他の7名のオペレーターさんは、で「オリックス銀行カードローンをお作り頂くにあたり電話による在籍確認は必須となっておりますので、ご事情がおありかもしれませんが、お客様のご事情により『お勤め先に電話が入るのは困る』という方はお申し込みできません」とのことでした。

まっ、どの金融機関に問い合わせしてもオペレーターさんの知識&認識によって話が違うことは多々あることですが・・7:1ということはオリックス銀行カードローンの場合電話による在籍確認は必須!ということは紛れもない事実のようです。

ちなみに、電話による在籍確認が必須!とおっしゃっていたオペレーターさんには、口コミや体験談に書かれている情報に加え、様々な状況を想定し、いくつか質問してみました!結果はこんな感じ。

「在籍確認よりも本人確認&申し込み意思確認のための電話が先なので、その際に会社に電話する時間を指定することが出来るという口コミもありますが本当ですか?」と聞いてみたところ「いえ、在籍確認のための電話を会社に入れたけれど営業時間が終了していて確認をとることが出来なかった、といった場合などに先に意思確認のための電話をかける、ということはあるようですが、お申し込みされるということは電話による在籍確認もご了承いただいている、ということですので基本的には、在籍確認を行ってからご本人様意思確認を行っております。口コミなどは私どもの方では把握しておりませんが・・・通常、「ただいま会議中のため席を外しております」などお申込者様が直接電話に出られなくても在籍の確認がとれれば良いのですが、審査の結果によっては必ずご本人様に電話に出ていただかなければならない場合もあり、そういった方がご都合の良い日時を指定されたのではないでしょうか?」とのことでした。

それから、「派遣社員の場合、在籍確認が取れにくいと聞いたことがありますが、派遣元と派遣先のどちらに電話が入りますか?」と聞いてみたところ「基本的には派遣先になります。派遣先にお電話して確認が取れなかった場合は、ご本人様意思確認の際に派遣元であれば確認が取れるのか?などご相談させていただきます」と。そこで、「派遣元も難しいと思われる場合、書類による代替などで対応してもらうことは可能なのか?」聞いてみたのですが「お申込者様の申し出により、代替措置をとることは当方では行っておりません。どちらに、いつ電話をすれば確認が取れそうか?直通電話はないのか?などをお聞きした上でご相談させていただきそれでもどうしても難しい。また、電話は繋がるけれど在籍確認をとることができなかった、という場合にのみ書類による在籍確認で良いかどうかをまず審査させていただき、その結果によって書類による代替措置で審査を進めることもあります。ただし、いろいろご相談させていただいたうえでどうしても!という場合の最終手段となります」と。

勤め先に電話がつながっても確認が取れない時とはどういうことか?更にお聞きしたところ「在籍確認のためのお電話は、個人名で〇〇さんいらっしゃいますか?とおかけするのですが、セキュリティの厳しい会社の場合ですと会社名を名乗らないと『そう言ったことにはお答えできません』と言われてしまうことがあります。その場合、在籍確認が取れないためお申込者様にオリックス銀行と名乗って電話して良いかの確認を取らせていただいたうえで再度お勤め先の方にお電話させていただくのですが、それでも『携帯電話の方にお願いします』などと言われてしまうと確認をとることが出来ないため、審査の方にどういった方法で確認をとったら良いかを相談し、お勤め先に在籍証明書を作成いただき提出をもって在籍確認とする、などの代替措置をとることもございます。ただし、先ほども申し上げた通り書類による代替措置は最終手段であり、お申込者様からの希望によりできるものではありません。電話による在籍確認を了承されない方のお申し込みは受け付けておりません。また、個人名でおかけして在籍確認が取れない場合にオリックス銀行名でおかけすることをご了承頂けるか?の確認の際、どうしても銀行名が出るのは困る、という場合もそれ以上審査進めることが出来ないため申し込みを取り下げていただくことになりますので、ご理解のうえお申し込みください」とのことでした。

やはり、オリックス銀行カードローンの電話による在籍確認は必須!で申込者の申し出により代替措置をとることは不可のようです。

オリックス銀行カードローンの申し込みに際し、電話よる在籍確認が心配なため、口コミや体験談などを参照しているけれど色々な情報がありすぎで、逆にどれを信じて良いか変わらない!という方も多いかもしれませんが、上記はすべてオリックス銀行に問い合わせご回答いただいた結果ですので、間違えないはずです。

オリックス銀行カードローンの在籍確認が心配、という方には、上記内容を理解&納得のうえ申し込みするか否か決めることをおススメいたします。

オリックス銀行カードローンの申し込み方法と借り入れまでの流れについて

オリックス銀行カードローンのホームページにある「よくあるご質問(Q&A)」の申し込み方法のところには、インターネットにて24時間受け付けております。としか書かれていませんが、オリックス銀行に確認したところ郵送での申し込みも可能。郵送で申し込まれる場合は、フリーダイヤル(0120-890-693)にお電話いただき申込書をご請求ください。ただし、郵送でのお申し込みの場合、審査結果をお伝えするまでにもお時間がかかりますし、カードがお手元に届き実際に融資を受けられるようになるまでにも時間がかかってしまいますので、お急ぎの場合はインターネットからお申し込みされることをお奨めします。とのことでした。

確かに、インターネットから申し込んだ場合も、融資までには時間がかかるのですから、郵送だとかなり時間がかかることでしょう。ですが、オリックス銀行カードローンを作りたいけれどインターネットは苦手。インターネット以外に申し込み方法があるなら多少日数がかかっても構わない、という方であれば郵送での申し込みも受け付けているので、申込書を依頼する際にどのような流れで借り入れできるのか?確認のうえ申し込みを行うと良いでしょう。

ここでは、オリックス銀行カードローン申し込みのメインであるインターネットからの申し込みについて、オリックス銀行のオペレーターさんからお聞きした内容も含め説明していきたいと思います。

申し込みは、24時間いつでも可能ですが、審査可能時間は平日の9時から18時までです。オリックス銀行カードローンの審査は最短即日となっていますが、審査終了時間間際に申し込んだ場合などは当日中に審査に入ってもらうことが出来ない可能性が高いので留意してください。(ちなみに、仮審査の結果は2~3日以内に出ることが多いようです)

インターネットからの申し込みは、公式ページにある「お申し込みはこちら」から入り、順次必要項目にチェックまたは入力していくだけなので特に難しいことはないと思います。正確な情報を入力し送信すれば、連絡用Eメールアドレスに登録したメールに「Eメールアドレス確認用URL」が送られてきますので「Eメールアドレス確認用URL」をクリックしてください。クリックすると、その後の連絡は登録したEメールアドレスに入ります。ですが、申し込みの際に間違えた情報を登録していた場合、当然ですが「Eメールアドレス確認用URL」は不達となり、確認が取れないため(送られてきたEメールアドレス確認用URLをクリックしなかった場合もですが・・・)その後の連絡は、電話もしくは書面で届くことになります。ちなみに、審査結果の連絡については、可決の場合は電話、否決の場合は書面で届くのが基本だそうです。

仮審査の結果は、融資できるか、出来ないかだけの報告で、この時点では限度額や金利などについての連絡はありません。その後、電話での在籍確認と本人確認が行われるのですが、本人確認の際に限度額や金利などが伝えられ、承諾した場合、本人確認書など必要な書類(本人意思確認後、Eメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送られてくるので必要書類をアップロードして送るだけです)を提出し本審査(最終審査)に移るそうです。

(注目ポイント1)仮審査と本審査(最終審査)の間に在籍確認&本人様意思確認の電話が入るのは、審査自体は通過しても希望額に達していない場合もあるため、そう言った場合審査を続けるか否かを決めてもらう必要があるからだそうです。

(注目ポイント2)本審査に進む場合、書類提出と同時進行でカードローンが発送されます。お住まいの地域により到着までの日数が異なってきますが、送付されるのは、ご本人様意思確認がとれた翌営業日となるため、カード到着は早くても申し込み後3日、土日祝日を挟んだ場合は1週間ほどかかる可能性があるようです)

本審査の結果については、否決の場合は電話で伝えられ、可決の場合は「成約しました」とEメールアドレスに連絡が入るそうです。無事成約となり、ローンカードが届いていれば、すぐに提携ATMで融資を受けることができます。また、パソコンもしくは携帯電話、スマートフォン、電話で振込融資の手続きをすれば、指定した「登録口座」もしくは「振込専用口座」)に振込融資してもらうことが出来ます。

ただし、ジャパンネット銀行宛の場合は、土日祝日関係なく0:10~23:50の間に振り込み依頼すれば即時振り込みしてもらうことが出来ますが、それ以外の銀行宛に振り込んでもらう場合は、平日の0:10~8:40に振り込み依頼した場合は当日9:00~10:00の間に振り込まれ、平日の8:40~15:00に振り込み依頼した場合は即日、平日の15:00~23:50、また土日祝日の0:10~23:50に振り込み依頼した場合は翌営業日の9:00~10:00の間に振り込まれます。必要な時に間に合わなかった、といったことのないように振り込み依頼する場合は、振り込み実行時間を確認しておきましょう。

ちなみに、ローンカードが到着しても融資を受けられない場合があります。それは「残念ながら本審査で否決されてしまった場合」と「必要書類の提出が済んでいない&提出書類に不備があったため本審査が終わっていない場合」です。タイムラグを少なくするためご本人様意思確認後、書類提出と同時進行でカードローンを送付してくれていますが、本審査に可決した場合のみローンカードが使えるようになっていますので(否決されてしまった場合は致し方ありませんが)ローンカード到着後すぐに融資を受けたいのであれば、早急に必要書類を送り本審査を完了させておきましょう。

オリックス銀行カードローンの返済方法

オリックス銀行カードローンの返済は「口座引落」もしくは「振込返済」(提携ATMからの振り込み返済と返済専用口座への振り込み返済があります)で行います。約定返済日は毎月10日もしくは月末日のうち利用者が指定することが出来ます。

カードローンの返済を口座引き落としにする場合、あらかじめ決められた日以外不可、という銀行が多いですが、オリックス銀行カードローンはいずれか選ぶことが出来るのでお給料日後など都合の良い方を設定することが出来るので助かる!という利用者も多いようです。

また、口座引き落としにしている場合、臨時返済するとなると銀行振り込みやATMなどを利用して返済しなければならない、というのが一般的ですがオリックス銀行カードローンならお客様専用サイト「メンバーズナビ」から増額返済の申し込みをすれば、約定日に約定返済額と増額返済額を合計した金額を引き落としてくれるので便利です。

オリックス銀行カードローンの利用を検討中の方の中には、2つの返済方法しかないのはちょっと・・・と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、口座引き落としはもちろんのこと提携ATMも(借り入れ、返済時共に)終日無料で利用することが出来ますし、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、E-net・ローソンATM、イオン銀行など都市銀行をはじめ、コンビニやスーパーに設置の提携ATMが全国に95,000万台以上あるので不便に感じることはないと思います。

それに、銀行カードローンの大半は10,000円単位での借り入れしかできませんが、オリックス銀行カードローンは、1,000円単位での借り入れ&返済も可能ですのでちょっとだけ借りたい!少しだけ返しておこう!という時にもとっても便利。

また、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行の店舗内ATM(一部を除き)の場合、平日の窓口営業時間内は硬貨による入金(1円単位での利用可)も可能なのでこららのATMからなら約定返済や増額返済だけでなく一括返済することも可能です。

ちなみに、 振込返済は、提携ATMからの振り込み返済とは別に返済専用口座への振り込み返済もありますが、こちらは手数料(利用先金融機関にもよりますが3万円以下の場合432円、3万円以上の場合648円など)がかかるためオリックス銀行では、振り込み返済される場合は、提携ATMを利用するよう推奨しています。

オリックス銀行カードローンは業界最低水準の返済額だからゆとりの返済が可能!

オリックス銀行カードローンの約定返済額は、利用残高に応じて返済額が変動する「残高スライドリボルビング方式」なのですが、借入残高が30万円以下であれば月々の返済額は7,000円、30万円超50万円以下であれば10,000円・・残高が600万円超であっても80,000円と業界最低水準の返済額だから借りることが出来たのはいいけれど、返済額が多すぎで困る!借りた翌月から返済に追われる!なんてリスクは非常に低いはず。返済はラクラク!ゆとりをもって返済していくことが出来るのではないでしょうか?

もちろん、増額返済・臨時返済も可能!少しでも元金を早く減らしたいのであれば臨時収入が入ったときや余裕のある時に多めに返済する&約定返済額以上の額を返済することをおススメいたしますが、月々の返済額が高すぎると予定が狂った時に返済が大変になってしまうこともあるものです。ですが、業界最低水準の返済額を誇るオリックス銀行カードローンの返済額なら延滞することなく払い続けていくことが可能ではないでしょうか?

オリックス銀行カードローンの審査について

オリックス銀行カードローンの保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」と「新生フィナンシャル株式会社」です。2社の保証会社がついているカードローンは珍しく、それ故審査が厳しそう。それじゃなくても銀行カードローンの審査は消費者金融の審査より厳しめ!なのに2つの保証会社の審査をクリアしなければならないなんてハードル高すぎる!と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実は2社の審査にクリアしなければならないのではなく、どちらか1社の審査にクリア出来ればOKなので、保証会社が1社のところよりも審査通過の可能性が高い、ともいえるのです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行株式会社が2012年3月1日から提供を始めたカードローンで誕生当初、保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」1社でした。また、当時は申し込み条件のひとつに「年収200万円以上ある方」という年収制限もありました。

しかし、2014年10月に新生フィナンシャル株式会社とカードローン保証における業務提携契約を締結(保証審査開始日は2014年10月31日です)。これに伴い、年収制限がなくなり、収入に関する申し込み条件は「原則、毎月安定した収入のある方」と変更になりました。

つまり、保証会社が1社であった頃は、年収200万円未満の方は申し込みすらできなかったのが、保証会社が2社になったことでパートやアルバイトなどで年収200万円に届かない方であっても安定した収入のある方であれば申し込みできるようになった。幅広い年収層の方が利用できるよう間口が広がった、ということです。

ちなみに、一部の口コミや個人の方が立ち上げたサイトの中に、保証会社はそれぞれ独自の審査方法により審査を行っているものですが、オリックス銀行カードローンの審査の場合、おまとめや借り換えなど高額な融資を希望されている方の審査はオリックス・クレジット株式会社が行い、少額融資や年収が低い方の審査は新生フィナンシャル株式会社が行っているようです、といった情報が含まれていたりしますが実際はちょっと違うようです。

2014年10月22日付けの「新生フィナンシャルとカードローン保証業務で提携」に関するプレリリースには、「オリックス銀行カードローンの審査において、オリックス・クレジットの保証審査でご希望に添えない場合に、新生フィナンシャルにて保証審査を行います。」とあるように融資希望額や属性などにより審査を受ける会社が変わるのではなく、オリックス・クレジットの保証審査で否決された場合、新生フィナンシャルの保証審査を受けることになるようです。(オリックス銀行に電話で確認もとりました!)

オリックス銀行のオペレーターさんの話によると、審査内容や基準については、こちらでもわかりかねますが、それぞれ見方が違うことは確かなようで、オリックス・クレジット株式会社の審査で10万円でスルーされて(否決)しまった方から、おまとめローンのご相談を頂き再審査したところ新生フィナンシャル株式会社の審査では200万円の限度額がついた、という方もおられます。この時は、私どもも驚きましたが(笑)そういったケースもありますので、高額な借り入れを希望される方の審査はオリックス・クレジット株式会社、少額融資希望の方の審査は新生フィナンシャル株式会社、ということは一切ありません。

ただし、オリックス・クレジット株式会社の審査で可決されれば審査結果をお伝えできるのも早いのですが、否決となった場合、いちから新生フィナンシャル株式会社の方で審査を行いますので時間がかかってしまうことはご理解ください、とのことでした。

と、いうことでそれぞれ独自の審査基準に基づき審査をしていることに間違えはないようですが、オリックス・クレジット株式会社の審査を受けてダメだった場合、新生フィナンシャル株式会社の審査を受けるのであって申し込み金額や属性などで審査先が変わる訳でないようです。

つまり、2度チャンスがある、ということですね。

また、オリックス銀行カードローンはおまとめ・借りかえOKのカードローンであり、しかもフリーローンの延長上にあるローンといいますか、最高限度額800万円の範囲内であればおまとめや借りかえとして利用しても良いカードローンで、おまとめ専用のローンカードや借り換え専用のローンカードと違って返済専用やおまとめ・借り換え後の他社借り入れ禁止などの制約もありません。

それになにより(先述のオペレーターさんの話からも察することができると思いますが)オリックス銀行カードローンはおまとめ、借りかえに積極的なカードローンです。

もちろん、少額融資もOKですが、例えば他社への返済に数万円足りないからオリックス銀行カードローンを利用しようというよりも業界最低水準の下限金利&業界最低水準の返済額であるオリックス銀行カードローンをおまとめや借りかえに使った方が金利負担&月々の返済もラクになる!という考え方もあります。

利用者によって、考え方はそれぞれ違うものですが、10万円の審査で通らなかった人がおまめとで200万円借りられた!なんて聞くと可能性が広がると思いませんか?

少し話が逸れてしまいましたが、オリックス銀行カードローンの保証会社が2社あることで審査が厳しいということはなく、むしろ受け皿ともいえる新生フィナンシャル株式会社が加わったことでより多くの方に利用できるチャンスが広がった、と考えて良いと思います。

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング