銀行系カードローンのキャッシングは、消費者金融より金利が安い

比較

2015.09.16

98

銀行系カードローンのキャッシングは、金利が安いです。その分審査も厳しいのですが、「高額を長期間借りる」という場合、銀行系カードローンはおすすめです。

一番金利が安い銀行系カードローンはどこ?

これは総合的に見ると「ソニー銀行カードローン」です。「2.5~13.8%」という金利ですが、「13.8%」という上限金利は、イオン銀行と並んで一番安く、「2.5%」という下限金利は、横浜銀行に次いで「二番目に安い」という金利になっています。

以下、下限金利・上限金利のそれぞれで、銀行カードローンの金利をランキングにしましょう。

下限金利の安い銀行系カードローン・ランキング

下限金利の安さで、銀行系カードローンを一覧にすると下のようになります。

  • 横浜銀行…1.9%
  • ソニー銀行…2.5%
  • ジャパンネット銀行…2.5%
  • オリックス銀行…1.7%
  • イオン銀行…3.8%
  • じぶん銀行…3.9%
  • みずほ銀行…4.0%
  • 三井住友銀行…4.0%
  • 新生銀行(レイク)…4.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…1.8%
  • 楽天銀行…1.9%

下限金利で一番安いのは、見ての通り、ダントツで「横浜銀行」です。そして、ソニー銀行・ジャパンネット銀行が同じ金利で2位になっています。

その後、オリックス銀行が少し離れて4位、さらにそこからまた離れて5位グループ…という風になっています。2位とはいえ、ジャパンネット銀行・ソニー銀行の金利も、かなり抜きん出ていることがわかるでしょう。

上限金利の安い銀行系カードローン・ランキング

続いて「上限金利の安さ」でランキングにします。

  • ソニー銀行…13.8%
  • イオン銀行…13.8%
  • みずほ銀行…14.0%
  • 三井住友銀行…14.5%
  • 楽天銀行…14.5%
  • 横浜銀行…14.6%
  • 三菱東京UFJ銀行…14.6%
  • じぶん銀行…17.5%
  • オリックス銀行…17.8%
  • 新生銀行カードローン・レイク…18.0%
  • ジャパンネット銀行…18.0%

…というように、ソニー銀行はイオン銀行と並んで同率1位になっています。みずほ銀行が肉薄して3位、そこから少し離れて4位グループです。

三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行の間は「3%」近くも離れていて、これはもはや「消費者金融に近い金利」と言えます。1位グループのイオン銀行・ソニー銀行・みずほ銀行が、抜きん出ているのがわかるでしょう。

…というように、ソニー銀行は下限金利でも上限金利でも、非常に安くなっています。ソニー銀行の次にバランスが良いのは「イオン銀行」ですが、イオン銀行は下限金利が少々高いので、二番手というところでしょう。

その次は、横浜銀行・みずほ銀行…というところでしょう。横浜銀行は下限金利の安さが魅力。みずほ銀行はソニー銀行・イオン銀行について、バランスがいい銀行…という立ち位置です。

実は、30日間無利息の楽天銀行が一番安い?

初期設定の金利だけ見ると、ここまで書いた通りです。しかし、実は順位が少しひっくり返る要素があり、それが楽天銀行の「初回30日間無利息」というシステムです。

これは文字通り「最初の1ヶ月の利息がなしになる」のですが、これが意外に大きいのです。最初の1ヶ月で「リードした分」が、なかなか埋まらないんですね。

具体的にどのくらい、「30日間無利息」が有利になるのか、シミュレーションしてみましょう。

ソニー銀行と、楽天銀行で10万円ずつ借り入れした場合

10万円を借り入れすると、1ヶ月の利息は、それぞれ大体下のようになります。

  • ソニー銀行…1150円
  • 楽天銀行…1200円
  • 差額…50円

そして、この状態で楽天銀行が「最初の1ヶ月、利息ゼロ」になるわけです。ということは、1ヶ月目が終わった時点で、それぞれの利子総額は下のようになります。

  • ソニー銀行…1150円
  • 楽天銀行…0円
  • 楽天銀行のリード…1150円

そして、2ヶ月目から楽天銀行も利息がかかるので「毎月50円ずつ」差が縮まります。すると、時間の経過とともに、楽天銀行のリードが下のように縮まっていきます。

  • 3ヶ月後…1000円
  • 6ヶ月後…850円
  • 1年後…550円
  • 1年半後…250円
  • 2年後…50円
  • 2年1ヶ月後…0円

驚くべきことに、楽天銀行の最初の1ヶ月のリードは「2年1ヶ月」続くのです。もちろん、後半は「リード」と言ってもほとんど差のない状態ですが、それでも僅差でずっと「楽天銀行が安い」わけですね。

これは概算ですが、大体これに近い結果になります。「30日間無利息」というのは、実はこれだけ大きな効果があるんですね。10万円なので、2年あれば余裕で完済できるでしょう。

つまり、10万円を借り入れする場合、おそらく一番「利子総額が安い」のは「楽天銀行」なのです。「金利が安い」のではなく「利子総額が安い」んですね。

2年で完済できるなら、楽天銀行が一番低金利

ということで、少々意外な結論ですが、2年で完済できる金額だったら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で借りるのが、一番安くつくわけです。このシミュレーションでは「10万円」でしたが、金額が変わっても、双方の利息も増えるだけで、比率は一緒ですからね。

このように、キャッシングの金利や利息の計算は複雑なので、それぞれが発表している「金利」だけを見ると騙されます。こうして無利息期間まで計算にいれて「実際に支払う利息」が一番安いカードローンを選ぶようにしましょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング