楽天銀行カードローンの在籍確認 ~なしでも借入可能?~

在籍確認

2015.09.10

rakuten-zaikaku

楽天銀行スーパーローンの審査も、当然会社への在籍確認があります。本当にその会社に在籍しているかどうか、電話連絡によって確認するということです。

楽天銀行では、これを回避することはできません。というより、銀行カードローンはすべてできません。ただ、状況・条件によっては「楽天銀行側の判断でなしになる」ということもあります。

30万円以下の小口借入の場合、なしになることも

楽天銀行スーパーローンでキャッシングした人々の口コミ・体験談をまとめると、「少額借入の場合、なしになることが多い」ようです。楽天銀行スーパーローンでいう少額借入というのは「30万円以下」のことです。

「高額じゃん」と思うかも知れませんが、銀行カードローンとしては30万円という融資総額は、それほど大きくないんですね。何しろ、楽天銀行スーパーローンの場合「300万円までは収入証明書不要」というくらいです。その10分の1なので「まったく大したことない金額」なんですね。

ということで、30万円までのキャッシングで、しかも返済能力がある程度高い人の場合、在籍確認は省略されることが多いようです。もちろん、その時の審査の混み具合などにもよるので「申し込み件数が少ない日」の場合は、審査をしっかりするために、在籍確認が全員必須になるかも知れません。

楽天銀行で狙って在籍確認を回避することはできない

ここまで書いた通り、楽天銀行スーパーローンの審査で在籍確認があるかどうかは、完全に「楽天銀行側の事情」に左右されます。ということで、狙って回避する(なしにする)ことはできません。

ただ、とりあえず「なしになりやすい条件」としては「少額融資」で「申し込み者の返済能力が高い」というものになります。

狙って電話連絡をなしにしたい場合、モビット

どうしても勤務先への電話連絡を受けたくない―。という人の場合、モビットで申し込みすると、「狙って電話連絡をなしにする」ということが可能です。勤務先の保険証・給与明細を提出すればいいのです。

モビットは他にも「三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座が必要」という条件もあります。ということで、これらの2つの消費者金融だったら、比較的簡単に「電話確認なしで借りる」ことができます。

もし楽天銀行スーパーローンの在籍確認が嫌で「どうしても電話確認なしで借りたい」という人がいたら、プロミス・モビットで申し込んでみるのもいいでしょう。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認は、何を聞かれる?

楽天銀行スーパーローンの審査での在籍確認。これはどのようなことを聞かれるのか。興味がある人も多くいるでしょう。在籍確認は、特に難しいことは聞かれません。というより審査・質問の類は一切ありません。

「赤木様でしょうか。楽天銀行の木暮です。これで在籍確認が取れたので、ご融資可能とさせていただきます」

というような連絡があるだけです。業者・銀行によって多少違いはありますが、楽天銀行は大体このような感じと言われています(これもまた、時期によって違うでしょうが)。

というように、在確の電話で何か審査されるとか、質問されるということはなく、本当に在籍していることさえわかれば、それですぐに融資されます。

ということで、勤務先への在籍確認というのは予想外に簡単なものなので、お気軽に考えてください。

専業主婦キャッシングでの在籍確認

ここまでは「自分の収入で借りる」時の在籍確認について書いてきました。楽天銀行スーパーローンでは無収入の専業主婦でも借り入れできますが、専業主婦の審査では、在籍確認はどうなるのでしょうか。

多くの人は「旦那の職場に在籍確認されるのでは?」と思っているかも知れません。しかし、専業主婦の審査で「夫の職場に在籍確認する」ということはないので、安心してください。

なぜ、夫の勤務先に在籍確認する必要がないのか?

夫の勤務先に在籍確認しない理由―。これは、奥さんが専業主婦という時点で「旦那がしっかり仕事している」ということは、わかるからです。よほどの例外を除けば、どちらかに安定収入がなければ、妻が専業主婦として生活することは不可能ですからね。

というわけで、無収入の専業主婦のキャッシング審査の時は、楽天銀行でも他の業者・銀行でも、夫・旦那の在籍確認は必要ないのです。また、収入証明書も不要です。

ということで、これから楽天銀行スーパーローンで借り入れを申し込む専業主婦の方は、この点については安心してください。

勤務先への電話連絡なしになる条件

楽天銀行スーパーローンの審査では、ここまでも書いてきた通り、会社への在籍確認の電話は完全に必須となっているので、「職場への電話連絡なしで借りる」とか「在籍確認の回避をする」ということはできません。しかし、楽天銀行スーパーローン以外の銀行カードローン・消費者金融や、あるいはクレジットカードであれば、ごく稀に会社への在籍確認の電話がなしで借りられるということもあります。

ということで、あくまで「楽天銀行スーパーローンではないキャッシングブランド」の話ですが、その前提の上で「どのような状況・条件・シチュエーションであれば、勤務先への電話連絡がなしになることがあるのか」ということを解説していきます。

総合的にクレジットスコア(信用度)が高い

まず第一に、当サイト・まねたろうでは繰り返し解説していることですが、全体的にクレジットスコア・信用度が高いということが、職場への電話連絡なしでお金を借りるための最重要な条件になります。当たり前ですが、信用できる申込者に対してしか、どの銀行カードローン・消費者金融も絶対に融資をしないので、信用できる人であるということが大前提ということですね。これは日常生活の中で知り合いや友達、あるいは家族にお金を貸すという時でも同じことなので、誰でも理解できるでしょう。

信用があるということを、キャッシング・カードローン・消費者金融の世界の専門用語で「クレジットスコア・信用度が高い」というわけですが、楽天銀行スーパーローンではない他の消費者金融やあるいは銀行カードローンで、会社への在籍確認の電話なしでお金を借りようとしたら、これが最低限の条件になるということですね。

具体的に信用度・クレジットスコアが高いというのは、どのような状態なのかというと、例えば下のようなものです。(条件はいくらでもありますが、一例として列挙します)

  • 年収が高い
  • 安定した職場に勤務している
  • 自宅の居住年数が長い
  • 仕事場の勤続年数が長い
  • 自宅が持ち家である
  • 自宅が家族名義でなく、自分名義である
  • 同居家族の人数が多い
  • 固定電話がある
  • 歩合給ではなく、固定給である
  • 契約社員・派遣社員ではなく、正社員である
  • 他社借入件数が少ないか、ゼロ
  • クレジットヒストリーが良好である

このように、クレジットスコア・信用度が高くなる条件はいくらでもあるのですが、要はこのように「一般的な感覚から見ても、信用できる人」の要素を満たせば満たすほど、キャッシング・カードローン・消費者金融の審査の世界では、信用されるようになるということです。

こうした審査条件を多く満たしていて、金融庁など消費者金融・銀行カードローンを監督する官庁が見ても「この人だったら、勤務先への在籍確認の電話をかけるまでもないだろう」と判断するような人であれば、在籍確認の電話がなしになる可能性も十分にある、ということですね。

(後で詳しく説明しますが、そもそも職場への電話連絡というのは法的な義務ではないので)

どうしても在籍確認をできない事情がある

上の段落で書いてきた「クレジットスコア・信用度が高い」ということに加えて、さらに「勤務先への在籍確認の電話が、どうしてもかけられないという事情」が必要になることが多いです。つまり、そうでない場合は「確かにあなたは信用度(クレジットスコア)が高い人だけど、それでも会社への在籍確認の電話をかけた方が確実なので、やはりかけますね」という風に言われてしまうわけです。

これは当然ですね。実際にその職場に勤務していて、何もやましいことがないのであれば、別に職場への在籍確認の電話をかけられても問題ないはずなのです。なので、ただクレジットスコア・信用度が高いというだけではなく、「さらに、勤務先への電話連絡を受けることができない、やむを得ない事情が必要」ということになります。

具体的にどのような事情がそれに該当するのかというと、例えば下のようなものがあります。

  • 消費者金融・銀行カードローンなどに勤務している
  • 同じく、クレジットカード会社で働いている
  • その他、証券会社などの金融機関が職場である
  • 警察官など、犯罪を防ぐ職場にいる
  • 外部からの電話を一切取り次いでくれない職場

他にも多数ありますが、一例としてはこのようなものになります。クレジットカード会社や銀行カードローン・消費者金融で働いている人が、キャッシングがバレたらまずいというのはわかるでしょう。常に目の前に多額の現金があったり、不正申し込みなどを見過ごしたらまずい職場の場合、スタッフがお金に困っているというのは危険なのです。

職場で違法な使い込みなどをする犯罪がたまにありますが、このような事件は大体「借金返済のため」とか「遊興費がほしくて」というような動機によって実行されていますからね。そのように金銭感覚がルーズだったり、浪費癖があったり、すでに借金を抱えていたりする従業員が職場にいると、このような金融機関の場合は、非常に危険なのです。

ということで、消費者金融にしても銀行にしても、あるいは信用金庫などの協同組織金融機関にしても、職員がカードローン・キャッシング・消費者金融などでお金を借りているということは、バレたら許してくれないわけです。

このことは、審査する銀行カードローン・消費者金融の側もよく知っているので、当然配慮してくれます。勤務先への在籍確認の電話をかけても職場バレしないというのは、あくまで普通の職場の話であって、これが専門の勤務先にかけたら、当然会社の同僚たちはすぐに気づきますからね。これらの職場に在籍確認の電話をかけた時点で、もうキャッシングバレは決定しているようなものなのです。

なので、このような勤務先で働いている人からのキャッシング申し込みであれば、勤務先への在籍確認の電話はなしになる、ということも多くあります。もっとも「そもそも、内情を知るための偵察かも知れない」という疑惑も持たれるので、会社への在籍確認の電話以前に、そもそも審査に通らないという可能性も十分にあるのですが…。

どの消費者金融・銀行カードローンだと、なしになる?

「在籍確認の電話なしでお金を借りられる条件」というのを、ここまでは書いてきました。繰り返しますが、楽天銀行スーパーローンでは勤務先への在籍確認の電話が必須になっているので、このような条件をクリアしていたとしても、職場への電話連絡なしでお金を借りることは、基本的に不可能だと考えて下さい。

そのような前提の上で、「では、どの消費者金融・銀行カードローンであれば、あるいはキャッシングブランドであれば、会社への在籍確認の電話なしでお金を借りることができるのか」ということを、この段落では解説していきましょう。

結論を書くと、やはり明確に「職場への電話連絡なし」とわかっている消費者金融・銀行カードローンはありません。インターネット上の口コミ・評判のサイトでは、そのように書かれているキャッシングブランドもあるのですが、インターネット上の評判・体験談というのは、皆さんもよくご存知の通り、ほとんどあてにならないものなので、この手の情報はあまり信用しない方がいいでしょう。

そのように注意書きをした上で書くと、インターネット上の口コミ・評判で「職場への電話連絡なしで借りられるかも知れない」とたまに書かれているのは、一例として静岡銀行カードローン「セレカ」になります。この理由は、公式サイトの審査の流れの解説ページで、本人の携帯への確認電話については「ある」ということが明記されているけど、職場への在籍確認の電話については何も書かれていないということです。

何も書かれていない以上、もしかしたら「しずぎんカードローンでも、やはり勤務先への在籍確認の電話が必須」という可能性もあります。しかし、他の銀行カードローン・消費者金融やクレジットカードと違って「在籍確認の電話があるかないか、明確に書かれていない」ということは「なしになるかも知れない」ということも言えるわけです。

結局、最終的にはおそらく「ケースバイケースで、申込者の信用度・クレジットスコアによって決める」ということになるのでしょうが、万が一「職場への電話連絡なしでキャッシングができる」という」銀行カードローン・消費者金融があるとしたら、静岡銀行カードローン「セレカ」はその候補の一つ…ということくらいはできます。

(一応、インターネット上の口コミ・評判で書かれている内容を解説してきましたが、基本的に静岡銀行カードローン「セレカ」も楽天銀行スーパーローンと同様に、会社への在籍確認の電話は必須となっているので、その点は重々理解して下さい。)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング