アコムの在籍確認 ~勤務先への電話連絡をなしにできる?~

在籍確認

2015.09.10

acom-zaikaku

アコムは、在籍確認に失敗してもキャッシング可能

アコムの在籍確認の最大の特徴―。それは「失敗しても即日キャッシングできる」ということ。在籍確認は必ずされるのですが、それに成功しなくてもいい、ということですね。

在籍確認に失敗するケースというのは、たとえば下のようなものがあります。

勤務先への電話確認に失敗するケース

  • 土日・祝日・夜間などで、勤務先が閉まっていた
  • 開いていたが、誰も電話に出なかった
  • 職場の人が名前を聞き間違えた
  • 勤務先の人が、申し込み者を知らなかった
  • 会社の人が、不審電話と思い、警戒した
  • 審査条件に記入した電話番号が間違っていた

…というようなケースです。最後の原因はめったにないでしょう。ということで、その他の5つの理由で、在籍確認に失敗することがある…と思ってください。

特に大きいのは一番上の理由です。「土日・祝日・夜間は会社が閉まっている」という人は、非常に多いです。特に公務員の方など、役所は大抵閉まっているでしょう。

このような時でも、アコムだったら「在籍確認に失敗したままで、融資してくれる」ということですね。

在籍確認が取れない時は「借入限度額10万円」

上のように「借りやすい」アコムですが、当然条件もあります。それは「借入限度額10万円」という範囲内ということ。つまり、本来だったら「50万円借入可能」な人でも、在籍確認が取れないという条件下では「限度額10万円」になるということです。

もちろん、多くの人のキャッシングは「3万円・5万円・10万円」という少額を借りたいだけなので、「これで十分」という申し込み者も多いでしょう。そういう人の場合、アコムは非常に借りやすい消費者金融といえます。

逆に「30万円・50万円」のような高額融資を希望する人の場合、アコムの在籍確認のルールでは、少々厳しいといえます。後日確認が取れたら、本来の限度額まで増額してもらえるのですが。

アコムと他の消費者金融の在籍確認を比較

アコムの在籍確認のルールは、どのくらい厳しいのでしょうか(あるいは、甘い・ゆるいのでしょうか)。ここではそれを探るために、他の消費者金融の在籍確認と比較してみましょう。

まず、「在籍確認の回避をできない」企業は下の通りです。

  • アイフル
  • ノーローン

2業者だけですが、大手の消費者金融では、この2社が「電話連絡をなし」に出来ます。

  • プロミス
  • モビット

これにアコムが加わって「3業者」が合法的に「電話連絡をなしにできる」ということです。(合法というのも少々変ですが)

プロミス・モビットで電話連絡なしにする方法

では、モビット・プロミスの場合、どうやって職場への電話連絡をなしにするのでしょうか。一言で言うと「書類の提出」です。

  • 給与明細
  • 会社の保険証

という2種類の書類を提出すればOKなんですね。そして、モビットはもうひとつ追加の条件があり、

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

この2つの銀行のどちらかの口座が必要です。どちらもメガバンクなので持っている方は多いでしょうが、もし「みずほ銀行」など別の銀行を使っている場合、モビットの在籍確認の回避はできません。

プロミスは、自動契約機などで希望を伝える

プロミスの条件は書類の提出に加えて「電話・無人契約機」などで「口頭で希望を伝える」というもの。モビットの場合、ここまで書いた条件を満たせば「普通のWEB申し込みで自動的に」電話連絡なしになります。

しかし、プロミスの場合は「口頭で希望を伝える」作業が必要なんですね。「別に特に問題ない」という人はいいですが、精神的に抵抗があるという人もいるでしょう。そういう人の場合、アコムの在籍確認の方が、より簡単に借りられるといえます。

アコムの後日の再確認は、必ずするのか?

もしアコムの在籍確認で失敗した場合。ルールでは「後日あらためて電話連絡する」ということになっています。

この「後日の再確認」ですが、人によってしたりしなかったりするようです(口コミや体験談を見る限り)。この違いがどうして生まれるのかというと「信用度がある人は、在籍確認しない場合がある」ということですね。

そもそも、在籍確認はキャッシング審査の世界では義務ではないのです。貸金業法・銀行法で決まっているというわけではないんですね(どこにもそんな条文はありません)。

あくまで業者・銀行が自主的にやっているだけなので「この人はクレジットスコアが高いから、在籍確認するまでもない」と判断した場合「省略する」こともあるのです。

というわけで、その人の返済能力などの条件によっては「後日の再確認」は、ないこともあり得ます。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング