楽天銀行スーパーローン(カードローン)の金利は低い?高い?他の銀行と比較

銀行カードローン

2015.09.10

rakuten-kinri

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の金利は、実質年率で「1.9%~14.5%」。この下限金利は、オリックス銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」についで大手の銀行カードローンで3番目に低金利となっています。上限金利の14.5%については、ちょうど銀行カードローンの標準的な金利となっています。つまり「上限金利は普通、下限金利は超低金利」ということで、全体的に楽天銀行スーパーローン(カードローン)は金利が低いということになります。

高額キャッシングの時に、特に低金利になる

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は上に書いた通り、下限金利が非常に低くなっています。ということは高額キャッシングで有利ということですね。たくさん借りるほど、他の銀行カードローンと比較して、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は低金利になりやすいということです。

なぜ高額借入の時は、下限金利が低いキャッシングの方が有利なのか。これは、普通の買い物・ショッピングでいう「まとめ買い割引」と同じ仕組みです。「たくさん買うほど安くなる」というのと同じく「たくさん借りるほど、低金利になる」ということですね。

下限金利が適用される条件というのは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)を含めてどの銀行カードローン・消費者金融でも決まりはありません。その人の総合的な信用度・クレジットスコアを見て、極めて高い・信用できるということであれば、下限金利が適用されます。(あるいはそれに近い低金利ですね)

なので「最高限度額まで借りれば、下限金利が用いられる」という風にルールがあるわけではありません。しかし、基本的には「最大限度額近くまで借りて、ようやく下限金利になる」と思って下さい。最大融資枠の近くまでキャッシングをするということは、当然かなりの高額融資になりますから、下限金利が低いという楽天銀行スーパーローン(カードローン)のメリットが表に出るには、それなりの高額借入をする必要があるということです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最高限度額は800万円

楽天銀行スーパーローンの最高借入枠は、800万円となっています。昔は500万円でしたが、2016年7月に800万円に増額・増枠され、それと同時に下限金利も低金利になりました。実は、以前の下限金利は「4.9%」だったんですね。つまり、前の楽天銀行スーパーローン(カードローン)の実質年率は「4.9%~14.5%」だったのです。

この時の実質年率(金利)から、下限金利が3.0%も下がったということになり、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の金利・利息面のサービスは、かなり改善されたといえます。金利が安いというのは、言うまでもなくお金を借りたいユーザーにとってはいいことですから、これほど歓迎すべき改善もないでしょう。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)には「無利息期間」がある?

カードローン・キャッシング・消費者金融についてのインターネット上の口コミ・評判のサイトをチェックすると、「楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、初回30日間無利息でキャッシングができる」という書き込みがたまに見られます。実は、一時期楽天銀行スーパーローン(カードローン)は「初回30日間無利息」のサービスを提供していたのですが、今は提供していません。期間限定の無利息サービスだったわけですね。

「楽天銀行スーパーローン(カードローン)には無利息期間が提供されている」という評判・体験談は、この時期のことを言っているのだと思われますが、現在では無利息キャッシングはできないので、この点は注意して下さい。

これは別に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のサービスが充実していない、ということではありません。大手の銀行キャッシングで、無利息キャッシングを常時提供しているのは、新生銀行カードローン レイクだけなのです。その他は、オリックス銀行カードローンや地方銀行のキャッシングのトマト銀行などが、たまに期間限定で無利息サービスを展開するくらいです。

ということで、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の初回30日間無利息が一時期だけだったというのも、大手の銀行カードローンのスタンダードからしたら、むしろ当たり前のことなんですね。「キャンペーンでも、一度も無利息キャッシングを提供したことがない」という銀行カードローンの方がむしろ多いわけですから、期間限定のサービスだったとは言え、一時期初回30日間無利息でキャッシングができた楽天銀行スーパーローン(カードローン)のサービスは、充実しているということができます。

銀行カードローンで無利息キャッシングをしたいなら

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のような大手の銀行キャッシングでお金を借りたいという方で、できれば初回30日間無利息などのサービスを利用したい、というかたも多いでしょう。このような方におすすめするのは、新生銀行カードローン レイクです。上でも少し書きましたが、大手の銀行カードローンのブランドで、無理キャッシングを利用出来るのは新生銀行カードローン レイクだけだからです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)に無利息期間がないので、少々新生銀行カードローン レイクの話になりますが、レイクでは2種類の無利息キャッシングが適用出来るようになっています。

  • 5万円まで180日間無利息
  • 初回30日間無利息

この2種類の無利息キャッシングですが、このように2通りから選ぶことができるのは、すべての大手の銀行カードローン・消費者金融の中で、新生銀行カードローン レイクだけとなっています。このように、無利息キャッシングを利用する人にとって、新生銀行カードローン レイクはベストの借入先となっているので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で無利息期間がなく残念…という場合には、新生銀行カードローン レイクでお金を借りることをおすすめします。

(ただし、通常の実質年率(金利)については楽天銀行カードローンの方がかなり低金利なので、通常金利を重視するのであれば、楽天銀行スーパーローンをおします)

他の銀行カードローンの下限金利と比較

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の下限金利が非常に低金利であるということは、没頭にも書いてきました。ここでは、具体的に他の銀行キャッシングの下限金利と比較して、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のそれがどのくらい低いのか、安いのかということについて解説していきます。

大手の銀行カードローンの下限金利・一覧

楽天銀行スーパーローンも含めた大手の銀行キャッシングの下限金利を一覧にすると下のようになります。

  • 楽天銀行…1.9%
  • 三菱東京UFJ銀行…1.8%
  • 横浜銀行…1.9%
  • ジャパンネット銀行…2.5%
  • ソニー銀行…2.5%
  • オリックス銀行…1.7%
  • イオン銀行…3.8%
  • 三井住友銀行…4.0%
  • みずほ銀行…3.5%
  • 千葉銀行…4.3%
  • 静岡銀行…4.0%
  • じぶん銀行…2.4%
  • 新生銀行レイク…4.5%

少々ランダムに一覧にしましたが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)も含めて、低金利な順に並べ替えると、下のようになります。

  • オリックス銀行…1.7%
  • 三菱東京UFJ銀行…1.8%
  • 楽天銀行…1.9%
  • 横浜銀行…1.9%

このように、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は横浜銀行カードローンと並んで、下限金利の安さで同率3位となっています。一番低金利なのがオリックス銀行カードローンで、2番目に金利が低いのが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」ということですね。

横浜銀行カードローンとどちらが低金利なのか

楽天銀行スーパーローンと横浜銀行カードローンは、同じ1.9%という下限金利ですが、両者はどちらが低金利ということができるのか。これは単純比較は不可能ですが、大雑把に書くと楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が金利が低いという結論になります。

というのは、横浜銀行カードローンは最高限度額が1000万円であるのに対して、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最高与信枠は800万円だからです。つまり、「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が、小さい最大限度額なのに、同じ下限金利」ということです。

先にも書いた通り、キャッシングの金利というのは「たくさん借りるほど低金利になる」ものなので、「最大融資枠が高額であればあるほど、、下限金利も低金利になる」ということです。最高与信枠が高額=たくさん借りやすい、ということですからね。

つまり、わかりやすく書くと「最大融資枠が1000万円の横浜銀行カードローンが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)より下限金利が低いのは当たり前」ということになります。しかし、実際には横浜銀行カードローンの方が低いのではなく、楽天銀行スーパーローン(カードローン)と同じ下限金利になっているわけですから、こうした計算をすると「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の下限金利の方が、総合的に見て安い」という結論になるわけです。

もちろん、これもやはり先に書いた通り「最大限度額までキャッシングをすれば、下限金利が適用されると決まっているわけではない」という点は見逃せません。つまり、上に書いた楽天銀行スーパーローン(カードローン)と横浜銀行カードローンの比較については、あくまで「単純計算」もしくは「単純な思考」ということです。実際に借りた時の金利がどのようになるかは、それぞれの銀行カードローンの審査部のさじ加減なので、もしかしたら楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が審査が厳しくて、金利が高くなるという可能性もゼロではありません。

しかし、ここまで書いてきたような根拠(最高限度額と下限金利の関係)から、おそらく確率的には、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が横浜銀行カードローンよりも金利が低い・安いということが出来るでしょう。

三菱東京UFJ銀行(バンクイック)と比較すると?

次に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)より下限金利がワンランク低い(1.8%)の三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と比較してみましょう。バンクイックの方が0.1%低金利ということは一目瞭然ですが、「最高限度額と合わせて比較するとどうなるか」ということですね。

これも横浜銀行カードローンと同様、単純計算はできないという前提で比較すると、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が、最大融資枠が500万円で、楽天銀行スーパーローン(カードローン)より少額なので、バンクイックが低金利な可能性が高いという結論になります。横浜銀行カードローンの時とは逆になる、ということですね。

  • 横浜銀行カードローン…1000万円
  • 楽天銀行スーパーローン…800万円
  • 三菱東京UFJ銀行(バンクイック)…500万円

このような最大限度額にそれぞれなっているわけですが、本来最大限度額が高額である楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が、少額な三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」よりも、下限金利が低くなるはずなのです。しかし、実際には逆になっている(バンクイックの方が低金利)なわけですから、あくまで単純計算ではありますが、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの方が下限金利は低いという可能性が高くなるわけです。

オリックス銀行カードローンと比べたら?

最後に、大手の銀行キャッシングで一番下限金利が低金利である、オリックス銀行カードローンと楽天銀行スーパーローン(カードローン)を比較してみましょう。それぞれの下限金利は下の通りです。

  • 楽天銀行…1.9%
  • オリックス銀行…1.7%

このように「0.2%」違うわけですね。オリックス銀行カードローンの方が、0.2%金利が低く・安くなっているわけです。そして、最高限度額についてはどうかというと、楽天銀行スーパーローン(カードローン)もオリックス銀行カードローンも、どちらも最大融資枠は800万円で同じなので、単純に考えると、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の下限金利の方がやや高い(0.2%分)ということになります。(根拠についてはここまで書いてきた比較と同じなので、ここでは省略します)

繰り返し書きますが、ここで書いてきた「最高借入可能金額を合わせた、下限金利の比較」というのは、あくまで「思い切りシンプルに考えたら」ということです。実際には、適用される金利がどうなるかは、その申込者の総合的なクレジットスコア(信用度)次第なのです。実際に申し込んでみない限り、低金利になるかどうかわからないわけですね。

ということで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」やオリックス銀行カードローンなどと、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の下限金利をいろいろ比較してきましたが、ここで書いたのはあくまで「無理にでも比べるなら」ということだと思って、参考程度に読んで下さい。

下限金利は、キャッシングの比較であまり意味がない?

カードローン・キャッシング・消費者金融に関する情報を収集していると、「下限金利は、実は借り入れの金利にはあまり関係ない」という内容の口コミ・評判を見つけることもあるでしょう。実はこれは正しいです。というのは、下限金利は、最高借入可能金額の近くまでキャッシングをしないと適用されないけど、そもそもそれだけお金を借りられる人がほとんどいないからです。

ここまでの説明ですでに気づいた方もいるかも知れませんが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合は「800万円」が最高限度額になっているわけですね。つまり「800万円近く迄キャッシングが出来る」というだけの信用度・クレジットスコアが必要なのです。

このように最高与信枠だけを言われてもピンと来ないかも知れませんが、800万円キャッシングをするためには、単純計算で年収2400万円が必要ということを知れば、800万円借り入れ(借金)をするのが、いかに難しいかということがわかるでしょう。

なぜ年収2400万円が必要なのか?

あくまで目安ですが、これは貸金業法の「総量規制」というルールから来ています。キャッシングの知識がある人であれば、このあたりはよく知っているでしょう。借入可能金額は年収の3分の1まで、というルールですね。これは消費者金融・銀行カードローンなどが自主的に定めている3件規制・3件ルールなどとは違い、金融庁が法的に決めたルールなので、絶対です。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のような銀行が提供するキャッシングは貸金業法の対象にはならないので(銀行法の対象なので)、この総量規制も対象外となります。しかし、それでも基本的には、大手の銀行カードローンの大部分は「年収の3分の1までしか融資をしない」という方針になっているので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で800万円キャッシングできるとしたら、大体年収2400万円必要になることが多い、…というわけですね。

もっと少額の最大融資枠である三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」にしても、500万円借りるには年収1500万円が必要になるわけです。これもやはり、ほとんどの人にとっては関係ない金額でしょう。(そもそも、これだけ高収入の人が、銀行カードローン・消費者金融でキャッシングをするというのは珍しいですからね)

ということで、下限金利の比較というのは、実はあまり意味がないのです。ただ、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は上限金利も銀行カードローンの標準レベルということで、十分低金利ですし、下限金利は3番目に安いということで、「全体的に、特に金利が低い銀行カードローンである」ということが言えるでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング