銀行系カードローンで審査基準が甘いのは? ~職業・属性別のまとめ~

銀行カードローン

2015.09.23

109

銀行系カードローンで審査基準が甘い所は、あるのか―。これは、申し込む人の職業・属性によっては、あります。

つまり、「この銀行カードローンは、この職業・属性の人には甘い」というのがあるわけです。以下、それをまとめていきます。

専業主婦に対して審査基準が甘い銀行系カードローン

収入がない専業主婦に対して、審査基準が甘い銀行系カードローン―。これは「楽天銀行スーパーローン」です。理由は、

  • 提出書類が何もない(身分証明書だけ)
  • どの主婦でも一律50万円まで融資
  • 楽天銀行の口座がなくてもOK

…というものです。特に「提出書類がない」というのが圧倒的な特徴で、他kの銀行カードローンと比較すると、あり得ない審査基準です(もちろん、利用者にとって優しいので、いいことですが)。

本来の専業主婦キャッシングは、必要書類が多い

本来、収入がない専業主婦の借入審査はもっと必要書類が多いのです。

  • 夫・旦那の同意書
  • 住民票

この2種類を提出しないといけないんですね。自分の収入でなく「夫・旦那の収入で借りる」ので、

  • この人が、確かに夫・旦那です
  • その夫・旦那が、借り入れOKと言っています

…という証明をしないといけないのです。「この人が夫・旦那です」というのが住民票で、「借り入れOKと言っています」が「夫・旦那の同意書」ですね。

住民票というのは一例で、「婚姻関係の証明書」と言われる書類なら、何でもOKです(戸籍抄本・戸籍謄本など)。

…というように、本来もっと提出書類が多いのですが、それが楽天銀行スーパーローンの場合「自分の本人確認書類だけ」という簡単さなのです。それで「50万円」という高額を、「専業主婦なら誰でもキャッシングできる」わけですから。

これは明らかに、他の銀行カードローンと比較すると「審査基準がゆるい」と言っていいでしょう(もちろんいい意味です)。

横浜銀行は同じ条件だが、エリアが限定されている

実は、横浜銀行カードローンの専業主婦キャッシングも、同じ条件で借り入れできます。ただし、横浜銀行の場合は地方銀行ということで、在住・在勤エリアが限定されているのです。

  • 神奈川県
  • 東京都
  • 群馬県(高崎市・前橋市・桐生市)

…というエリアに在住・在勤でなくてはなりません。ということで、借りられる人が限られていますから、「楽天銀行が一番緩い」となるのです。

年金生活者(年金受給者)に対して審査が緩めなのは?

年金受給者(年金生活者)に対するキャッシング審査がゆるめの銀行系カードローン―。これは「新生銀行カードローン・レイク」です。

理由は年齢条件にあります。他の銀行カードローンは「65才まで」なのですが、レイクのみ「70才まで」借入可能なのです。これは消費者金融の「69才」を抜いて、業界でも一番長い年齢条件になっています。

ただし、年金以外の収入が必要

このように、レイクはキャッシング業界でもっとも年齢制限が緩いです。しかし、年金生活者に対しては「年金以外の収入がある」という審査条件がついています。この点では、他の銀行系カードローンより審査が厳しいです。

他の銀行系カードローンは「年金以外の収入がなくてもOK」なので、収入に関しては、むしろ審査基準がゆるいのは、レイク以外の銀行カードローンでしょう。

学生キャッシングの審査基準が甘めの銀行系カードローンは?

学生融資の審査基準がゆるめの銀行カードローン―。これは、下の銀行になります。

  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • 新生銀行(レイク)

学生借入の審査に関しては、これらの銀行がゆるいというよりも「他の銀行系カードローンが厳しい」という印象。以下、学生キャッシングの審査が厳しい銀行カードローンをまとめます。

学生が借り入れ不可な銀行カードローン

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行

まず、この一覧の銀行系カードローンはすべて「学生借入不可」です。続いて、「親権者の同意書が必須」という銀行カードローンは、下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • じぶん銀行

「親権者の同意書必須=必ず親バレする」ということですから、当然嫌でしょう。ということで、これも審査が厳しいです。

ソニー銀行は条件面ではマシですが「学生は限度額10万円」という制限があるため、借入限度額に関して厳しいといえます。

…というように、他の銀行系カードローンがすべて学生融資に厳しいため、消去法でこの3つの銀行カードローンとなったのです。

フリーター・アルバイト・パートの場合、どの銀行も同じ

以上、特殊な職業・属性だけ説明してきましたが、アルバイト・パート・フリーターの人々だったら、どの銀行カードローンでも審査基準は同じです。どこが特に審査が厳しい・甘い・ゆるい…ということはありません。

強いて言うなら、新生銀行カードローン・レイクの審査基準は、消費者金融と銀行系カードローンの中間程度なので、レイクが一番借りやすいでしょう。

会社員・OL・公務員も、審査基準は同じ

フリーターなどと同じで、OL・会社員、公務員などの人も、すべてどの銀行カードローンでも同じ審査基準です。以前のオリックス銀行カードローンは「アルバイト・パートでは借り入れ不可」「社員でなくてはいけない」という説がありましたが、今ではそうした評判も消えています。

ということで、「審査基準がゆるい銀行系カードローン」を探している人は、ここで書いた職業・属性別の審査レベルを参考にしてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング